Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2012.3.24大浦13番館デイサービス4セラピーの前は、お約束の「むすんでひらいて」。

そうそう!
今回、わたくし、インカムデビューしました♪
いつものように、楽しく「むすんでひらいて」で
手と心をウォームアップしたのち、色塗り開始。

どちらのスタッフさんも、最初は同じなのですが
どうしたらいいのかわからない感じでした。

利用者さんから「これはなに?」と聞かれる私が
「何に見えますか?」と、尋ねるのを聞くと
スタッフさんも少し安心されたようで、
同じように質問をされていました。

「私には花に見えるわ。」
「あぁ~ 花ですね~ なるほど!どんな色の花でしょう。」
「ん~ 赤やね」
「では、赤いクレヨンで塗ってみましょうか^^
赤いクレヨンって、どれでしょうね?」

2012.3.24大浦13番館デイサービス2「どんなふうに塗ってもいい」こと
「敢えて綺麗に塗れないようになっている」こと
それをお話したら、スタッフの方も気楽になったよう。

「どんがん塗ってもよかそうです~。
 どんがん塗りましょうか?」
(どんな風に塗ってもいいそうです。どう塗りましょうか)
2012.3.24大浦13番館デイサービス5スタッフのお一人が目を輝かせながら
「同じ絵なのに、みんな違うのができてますね!」と言われました。

「そうです。それが個性だし、その方の歴史でもあります。
 私には感じないことでも、普段接されておられているから
 その絵の中にその方らしさをとても感じませんか?」と話すと
「はい。すごくわかります。」
「絵はその方そのものでしょう^^」
「そうですね!面白いですね。。。」

カラーセラピーを専門的に学ぶことは大切です。
けれど、毎日接していかれる中で
いろんな変化を感じる力が求められる介護現場では
専門知識が溢れるほどなくても
そうやって色の特性を少しでも知っていただければ
そこから感じたことを、
利用者様にいい意味での還元ができるきっかけになるはずです。

最初の認知症の方のお話にもそれがあらわれています。

寄り添い、感じようとすれば
ほんの少しの色の知識でも
きっと何かを共感しあえる。
色って、理屈がなくてもいいから、いいですよね。


続く。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sakurasaita2.blog45.fc2.com/tb.php/820-909bee34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。