Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「その話し方では軽すぎます!」 矢野香著 その2お友達の現役NHKアナウンサー
矢野香さんの本が出版されました。

「その話し方では軽すぎます!」
 
出版社: すばる舎; (2012/3/7) 1,470円

写真は長崎駅3階のメトロ書店の様子。

「その話し方では軽すぎます!」 矢野香著 その1矢野先生には、以前さくらで
「伝わる話し方講座」をしていただいたことがあります。

伝わる話し方講座レポ その1
伝わる話し方講座レポ その2
話し方講座の影響

その他、二回目クラスの報告などたくさんありますので
ブログ内検索で「話し方」で検索してみてくださいませ。

大反響で、もう一度!の声は多かったのですが
諸事情により、いまや幻の名講座となりました。

この本を出版されるまでの長い時間を想えば、
読む過程・時間を大事にしたい。
だから、本を開く前に感じてることを、綴り、遺します。

この本が出版されたと知った瞬間、
心に浮かんで叫んだ言葉は「おめでとう!」ではありませんでした。

ただただ「嬉しい!」でした。

嬉しい!嬉しいよー!とひとしきり叫んで
大騒ぎして、心の中で小躍りして、一人でマイムマイムも何周も踊ってやっと、

はた。。。と、「おめでとうって言ってない。。。」と気づいたのでした(笑)

そりゃいかん。と思ったけど、その瞬間。
私にとって香さんは
「おめでとう」ではなく「嬉しい」と思える人なんだと知りました。

「おめでとう」はお祝い。
「嬉しい」は、自分こと。

こんな時に真っ先に「おめでとう」を伝えたい相手は多くいると思うけど
自分が「嬉しい」と感じられる人は、何人いるだろう。

嬉しいと思える人がいるって、嬉しいことですね。

拝読して、興奮が冷めやらなかったので
ちょっと時間を置いてから、感想を書くことにしました。
3時間くらいで、一通り読むことができるので
1ページ目をめくりやすい本だと思います。

話し方講座の時と同じように、
私たちが普段使う言葉や常識・感覚をお持ちのまま
わかりやすい文章で書かれていたので
さすが香さん!と思いながら、一気に引き込まれていきました。

読み進めやすいのは、
おそらく意識して章末に語りかけるような口語的な導入の言葉が
入っていたからだと思います。
やはりアナウンサーさんだからだろうなと思いました。
テレビを見続ける感覚でした。


まず。
買ってよかったなーと思いました。

私は実際に話し方講座を受講しています。
だけど、時間もたっています。
その事実がこの本を開くことでどう変化するか
それが気になっていました。

だけど、話し方講座を受講していたから気づいたこと
今の話し方セミナーを受けていなくても感じれたこと
全く受講してなくても得られるもの
それぞれに得られるものがあるように書かれていました。


自分のすでに感じていた部分では
二つの気づきが大きくありました。

その2に続く。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sakurasaita2.blog45.fc2.com/tb.php/809-096da3e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。