Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「夏の思い出」というテーマの絵にぬり絵をしていただきました。
塗られる脇に座って、お話を伺いました。

いつものように、お一人お一人に少しずつだけど
できるだけ全員とお話するようにしていきます。

2012.3.19 桜馬場F-Stage その4久留米がご出身の方は、筑後川での思い出を話されました。

お母さんに怒られながらも、どうしても泳ぎに行きた
雨が降って増水して危ない川に
死ぬかもしれない…と思いながらも、入って泳いで遊んだそう(笑)

「そこまでお好きでしたか(^^;」
「そうなのよ~おかしいわよね~」
「でも、わかります~」

きゃっきゃっきゃ(笑)と、二人で女の子に戻って大笑い。

静かに塗られていた方の隣に座ると
「こういうの、久しぶりで楽しいね~
 私は子どもがいないから、クレヨンなんて、
 本当に初めて使うの。」
そんなお話を伺いながら、ゆっくりと時間が過ぎていきます。

2012.3.19 桜馬場F-Stage その8向こうの方では、
「好きな色はどれですか?」と問いながらクレヨンを選び
代わりに塗って差し上げたり。

「このが好きなんですね~」なんてお話をされています。
色は新しい一面を知るきっかけにもなりますね^^

みんながそれぞれに、色を楽しみ、味わい
そしてご自分の思い出の色を感じておられました。


2012.3.19 桜馬場F-Stage その2私たち世代は、カラーとなれば女性の物と思いがちです。
そして、男性は敬遠しがちな印象があります。

でも、数回行ったカラーセラピーの体験では
年配の男性の方の絵は、とてもチャーミングでかわいい。

それも、楽しそうに。
そして、自由に、思うままに。

ずっと抑えてきた、そういう色との関わりや、色塗りなどが
歳を重ねられて、一気に噴き出すのかもしれないと感じます。


そして、唯一の男性の方が描かれてるのが、こちら。
2012.3.19 桜馬場F-Stage その3可愛いでしょう~!

ピンクのお魚がいて、海があって。
松原が海の上にはあるそうです。
そんないろんな絵に対する想いを語られます。


「夏の思い出」が終わった方用の絵は
不肖、私のハートがいっぱいの絵。
非常に恥ずかしい、適当な、稚拙極まりないものなのですが…

案外みなさん、その下手うまなハートは塗るのが楽しいようで
スタッフさんも「私もその絵を下さい~」と、言って下さいました。

ある方がそのハートがいいね。と言われ
「ここにもあるのよ。」と、
胸に貼ったシップに描かれたハートを、嬉しそうに見せてくださいました。

ん~
なんてかわいいことを。
こんな小さなことが、うふふ♪をつくってくれるものなのですね。

日付が隣には書いてあり、主たる目的はそれなのでしょう。
この素敵を作られた方の想い、
そして、それを受け取られたこの方の喜びが伝わってきて、嬉しくなりました。

素敵はいい伝染をしますね^^


そんないろいろな楽しいアクシデントがあった時間も
やがて終わりの時を迎えました。
最初は、クレヨンになかなか手が伸びなかったのに
挨拶の後、片づけの時になってもまだ、色を塗り続けてる方が数人おられました。

「ごめんなさいね。
 クレヨンはこちらにもあるので、
 午後のレクレーションで続きはしませんか?」
と、昼の準備のために、スタッフさんが言われます。

利用者さんの午後の楽しみも作れたようで、
私も嬉しいお片づけ時間となりました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sakurasaita2.blog45.fc2.com/tb.php/805-96720e92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。