Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ふろしき研究会の講座では、偉い先生が講義をして下さいましたが
あまり頭のいい方でもない上に
単に風呂敷が好きだぁ!という気持ちで風呂敷に接しだしたこともあって
先生のお話をあんまり上手に噛み砕けなかったように思います。

でも、エコ話のことで印象的だったのがあり
自分で感じた事を伝えていこうと思っています。

あんまり、エコエコ言うと、道徳の授業みたいで
優等生じゃない私は「ぐえぇ」となってしまうので。。。

昭和の時代、発展していた日本は工場が汚染物質をたくさん出してしまって
4大公害病というのが問題になりました。
九州では水俣病があります。
原因を作って、体に入ると悪い物質を排気し続けたチッソという会社を

けしからん会社だ!
なんてひどいことを!

そう、社会の教科書を読んで、おりこう?な小学生の私は
チッソって最低。と思ったものです。

でも、今、私たち一人一人が「チッソ」になっているのです。
私が公害を作っているかもしれないのです。
今の環境汚染の原因は企業が出すものより、生活廃水が多いんだそうです。

知らないうちに、環境に悪い物質を出しているんですね。

植物生まれの洗剤を使えばいいのかというとそうでもなく
その洗剤を作る原材料の木を余りに取りすぎるので
ジャングルが禿げちゃびんになって、洪水などを起こしているのです。

自分は環境に優しい事をしているつもりでも
日本人は遠く離れた土地を汚していたり、困らせていたりするんだそうです。

んじゃ、どうすりゃいいのかというと
「減らす」これに尽きる。

もっというと、人間が絶滅するしかない。とまで、先生は仰いました。
でも、私たちは絶滅するわけにもいかないので、排出量を「減らす」しかないのです。

私たちの生活が便利になればなるほど、地球環境は悪くなっていくから
不便な生活を心がけたら、比較的軽く始められるのではないか。ということでした。

ガソリンを使わないで、歩くとか。
水を飲んだ程度のコップは洗剤で洗わないとか。
(だからといって、やれているわけではないのですが)

小学校の時、にっくき悪玉と思った「チッソ」側になりたくないなぁ・・・
自分は、誰かをあんな風につらい思いをさせる原因になりたくない。

そう思ったら、ぐーだらな私でも、少し体が動かせそうな気がしました。

あんまり道徳教科書的に考えないで、心で感じることだけでも
チッソから一歩離れられそうな気がします。
スポンサーサイト

こんにちは、sakuraさん。
その気持ちよくわかります。
南極のペンギンのひなが今までなかった洪水で(温暖化の影響)亡くなっていく姿…まだまだ沢山の生き物が人間によってひどい目にあってます。動物どころか、人も住む場所を失ったり、大変な目にあってるんです。
『チッソ』側にはなりたくないです。
日々気をつけなくてはと思います。

2007.06.04 12:53 URL | white #- [ 編集 ]

whiteさん、こんにちは^^
お名前を思うだけで心に清涼感が広がり心地よいです♪

あんまり、あれはいかん、これはいかんと考えるより
心で感じるだけでも、何かが変わり、一歩が始まる気がしました。

私はあんまりエコ人間ではないのですが
そんなことを意識できただけでも充分かなーと思います^^

2007.06.04 21:28 URL | whiteさん;さくら #3fIBvpkA [ 編集 ]

4大公害病で 調べています。昔 敗戦後からの日本経済の建て直しで必死だった 高度成長時代  そういう悲しい事件もあったですね。事件研究会(名前検討中文章が 下手な私です
世界が 仲良くなりますように。

2012.03.08 23:09 URL | 村石太ヒデ&テレサ・テン&レスリーチャン #tl2fkBNs [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

過去の哀しい歴史はたくさんありますね。

それをしっかりみんなで忘れないで
二度と同じことを繰り返さないように
痛みを護りながら歩いていくことが大切だと思います。

2012.03.20 09:00 URL | さくら #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.04.27 21:46  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sakurasaita2.blog45.fc2.com/tb.php/468-bdabab2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。