Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
SakuraBlogはお引っ越ししました。

http://sakurasaita2.com/blog/

まだまだリニューアル中なので
このfc2時代の頃までは
素敵なデザインにできてないし
いろいろと不備はあるのですが…。

今後はこちらをブックマークしてくださいませ^^
スポンサーサイト
2012.3.24大浦13番館デイサービス3私たち世代でもそうなのですが、
この日も今日のお洋服の色を塗られる方が
多くおられました。
真紫のジャケットのご婦人は
多くの方が波に見えるであろう部分を
紫に塗られていました。

「今日着ておられるお洋服の色を塗られる方も多いのですよ」
「あ、本当だ。○○さんも、○○さんも…」
「でしょう^^」
ジャイアンツみたいなジャージを来ておられる男性。
黒の中にわずかにオレンジのライナーがアクセントのジャージです。
そして、その方が塗られた絵も、黒の中に、一筋のオレンジがふたつ。
「すごいですね」と、他の方も見て回っておられました。

先ほどのご婦人に、私は紫の波を指差して尋ねました。
「これ、なんでしょうかねぇ」
「これ?鯉のぼりよ」

スタッフさんに
「紫の鯉のぼり。。。って、あまり目にしないですよね。
 あれが鯉のぼりに見える方はおられますけれど、
 紫となれば、何かあるのかもしれませんね。意味が。」
と、お話すると
「あぁ。。。わかる気がします。」

普段、その方の生活やご家族などの背景、
個性をご存知のスタッフさんだから
何かしらの気づきがあるのかもしれません。

その気づきが正しいかどうかは、
利用者さまご本人にしかわからないけれど
だけど、ひょっとして、
言葉にならない何かにスタッフさんが気づけるヒントになるかもしれない。

言葉が思惑と違っていくことも多い利用者様たちであれば尚
ヒントは多い方が、
よりよい自立支援のための介護に結びついていくのではないでしょうか。
まずは寄り添い、感じておられることを感じることから始まる。

色ってすごい力があるなと実感しました。
そして、それをスタッフさんも感じ入って下さっているのが、伝わって来ました。
2012.3.24大浦13番館デイサービス4セラピーの前は、お約束の「むすんでひらいて」。

そうそう!
今回、わたくし、インカムデビューしました♪
いつものように、楽しく「むすんでひらいて」で
手と心をウォームアップしたのち、色塗り開始。

どちらのスタッフさんも、最初は同じなのですが
どうしたらいいのかわからない感じでした。

利用者さんから「これはなに?」と聞かれる私が
「何に見えますか?」と、尋ねるのを聞くと
スタッフさんも少し安心されたようで、
同じように質問をされていました。

「私には花に見えるわ。」
「あぁ~ 花ですね~ なるほど!どんな色の花でしょう。」
「ん~ 赤やね」
「では、赤いクレヨンで塗ってみましょうか^^
赤いクレヨンって、どれでしょうね?」

2012.3.24大浦13番館デイサービス2「どんなふうに塗ってもいい」こと
「敢えて綺麗に塗れないようになっている」こと
それをお話したら、スタッフの方も気楽になったよう。

「どんがん塗ってもよかそうです~。
 どんがん塗りましょうか?」
(どんな風に塗ってもいいそうです。どう塗りましょうか)
2012.3.24大浦13番館デイサービス63月24日、大浦十三番館デイサービスさん
カラーセラピーでボランティアで行って参りました。
ご参加いただいたのは、20人程の方でした。

この日の活動は新しい喜びがありました。

今回はスタッフの方に
なんらかの働きかけができたのではないかと感じ
それがとてもうれしかったです。

そのため、今回はスタッフの方とのお話を中心に
ご報告したいと思います。

開始前の時間の打ち合わせでは
初めての経験である「カラーセラピー」について
とても熱心に質問されていました。

私はこちらのスタッフさんの
ボランティア、レクレーションへの活動の意欲は
素晴らしいと驚きました。

真剣にこの活動を活かし、利用者さまに還元し
さらによりよい介護活動のひとつとされようという姿勢が
熱く伝わってきました。

2012.3.24大浦13番館デイサービス1その中であったお話が大変興味深かったです。
ある認知症の方の色との関わりから実際おこった
認知症の緩和のお話です。

利用されだした時は、その進行が深かったそう。
色鉛筆を握れない状態とはいえ、
塗り絵を少しずつされていたそうです。
てぬぐいペットボトル2お花見や行楽シーズンのこの時期。
そろそろペットボトルを
そのまま持っておでかけも多くなりますね。

これは今年の桜お花見ランチの写真。
ちょっと暑くなってきていたから
がぶがぶ~っとお茶をいただけるように
お弁当と一緒にぶら下げて出発しました。

てぬぐいペットボトル1そのまま飲めるところがいいですよね^^

お気に入りの桜柄の手ぬぐいです。

風呂敷、手ぬぐいのいいところは
この写真のように
いつものバッグの持ち手に取りつけられるところ。

好きな場所にいつもぶら下げておけて便利。

小さなお子様が飲みこぼしてもそのまま拭くこともできます♪
4月1日、さくらで初めてのカラーセラピーを開催。
男女お一人ずつのご参加でした。

ご予約があれば、平日なら夜、土日は一日中いつでも
カラーセラピーは承っております。

さて。
写真は残念ながら撮影できなかったのです。。。
どうしても、集中してしまうから、つい。

久しぶりのクレヨン。
左手でという難しい指令。

感じたことがないと感じる感情。
色とじぶんの心。

お話の中に
ご自分らしさが次々に飛び出してきます。

初めての方にはいつも
このセラピーをしていただくのですが
もっともっと、
いろんなお話を伺いたかったなぁと思います。

とはいえ、今日からはじまるご縁と感じるお二人でした。

フロシキスタイル~お花見お弁当、ぶーらぶら♪~お花見用に、桜柄の三段お重をゲットしました~

さっそく今年の桜はお花見お弁当を作って
近所にお散歩お花見にまいりました。

スカーフ風呂敷で、ふんわり優しく包んで
しっかり持ち手も作りまして^^

ぶ~らぶら、ぶらさげて♪

大好きな桜。

やっぱりソメイヨシノが好きだけど
しだれ桜を見つけて、
満開の下素敵なお花見になりました。
2012ホワイトデーに男性がラッピング! その2写真はふわっと広げるように頑張っているところ。

ふんわり可愛く仕上げるには
触っていい場所、悪い場所があります。
初めてなのに、それを必死に守って
可愛く仕上げようとされているのが伝わりますね。

2012ホワイトデーに男性がラッピング! その7カーリングというくるくるとカーブするリボンのカールを
とてもとても丁寧にこだわりを持ってカールされていました。

なかなか納得いかない時、ほんの少しだけアドバイスすると
ささっと軌道修正され、習得されます。
んー、やっぱり男性のパワーはすごい。

2012ホワイトデーに男性がラッピング! その8後ろにハートをちょこん♪
きゃわいい~~でしょ!
たまらん!

こちらは優しい色合わせ。
和風に仕上げられました。

2012ホワイトデーに男性がラッピング! その10色選びにとても悩まれていましたが
最終的にはご自分がお好きな色合わせに。

というのも、差し上げる方が作られた作品は
好きな雰囲気そのままの作品なのだそう。
だから、ご自分が好きな雰囲気なら、
きっとお好きだろうとのこと。

こうやってイメージから色選びに入るのもテですね♪

この和風リボンは少し固くて
難しかったと思いますが、頑張っておられました~

練習用のポケットティッシュも可愛い♪

素敵な仕上がりにみなさま大満足。
気づくと時間はあっという間…。

2012年ホワイトデーラッピングワークショップ3月12日、「即プレ! 包んでそのままプレゼント!」
ホワイトデーラッピングワークショップでした。

男性の方にもプレゼントをラッピングして欲しい!
という願いから、開催しました。

新生さくらで初めてのレッスンとなりました。

2012ホワイトデーに男性がラッピング! その11今回は、事前に宿題をお出ししていました。
「プレゼントされる方の
 好きな色や好きなイメージはなんでしょう?」
というものです。

好きな色で包んであれば、
それだけでラッピングは大きく成功なのです。

色のお話を軽くした後
リボンや包装紙を選んでいただきます。
そして、それぞれのプレゼントと
それを選ばれた物語を聞かせていただきました。

その物語を元に、プレゼントを拝見しながら
色、素材選びのコツ・ポイントをお話しました。
2012年母の日イベントふろしき選択なう!今年も母の日は、長崎浜屋さんでラッピングイベント♪

ただいま、準備中~

日程などの公開は、もうしばらくお待ちくださいませ。
ご参考までに、去年の母の日ラッピングイベントはこちら

今年も風呂敷オンリーでのラッピングになります。

たくさんの風呂敷から「今年の母の日」の色を選びます。

震災があった去年は優しい色を選び、奇をてらわず
いつもある風景のありがたさを感じられる色でした。

結果として、圧倒的にピンクが大人気でした。
母の日はカーネーションの色、赤がメインカラーになるものですが
みんなの心が優しさを求めていたことがわかります。

そして、今年。
あれから一年が経ちました。

私がカラーリストとして、そして、ラッピングコンサルタントとして提案した色を、
浜屋さんの担当さんも選んでくださいました。

あれから一年。
私たちは傷を抱えたからこそ、
大切にしたい人、大切にしたいことを胸に、新しい一歩を歩きだしています。

そんな今年らしさを、そして、浜屋さんと私が
皆さんにお伝えしたいメッセージを伝える色になりました。

どんな色になったのか、近日公開です。

乞うご期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。