Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
PARADOX2011 その3「PARADOX」のことは、
今までも何度もブログに書いてきました。

期待大。PARADOX(パラドクス)
魅了することを思考し続ける集団
900万色のフルカラー

それだけ私の大好きな写真家集団「PARADOX」。
その作品展が長崎県美術館で開催されています。
入場無料です。

とってもクールでカッコよくて、
女を呼び起こさせる写真があります。

いつもいつも、帰りは理由がわからない興奮を覚えています。

常に形を変え続けていくPARADOX。

今回はPARADOXの中でも「NOISE」という冊子を発刊された
納富さんとイワハシさんの、二人展でした。

画面左が納富さんで、右側がイワハシさんの作品群です。

私はPARADOXの最初の作品展の時からのグルーピー。

PARADOXは結成当初は5人でしたが
特に今回のお二人の写真が大好きです。

PARADOX2011 その5今回は「TRANSIT」がテーマ。
共に、飛行機の作品が飾られていますが
それぞれの個性が際立っていてよかった。

こんな風に、互いに個性を際立たせながらも
PARADOXとしても存在する。そこが好きです。


前回も感じたのですが、
お二人がまた更に近づいてきている感じがしました。

それはおそらく、お互いがお互いをライバルとしながらも
尊敬し合って、刺激し合っているからでしょう。
私は二人の作品が、それぞれにとてもたまらく好きなので
そうなっていく理由がわかる気がします。

刺激し合って高めあっていく様子が感じられるのも
個人の作品展やコンセプトのないただの写真グループとは違う、
PARADOXのよさのひとつです。

またファンになりました。

もっと納富さんの変化を見たい。
もっとイワハシさんの世界を見たい。

これからの進化を期待しています。

作品展は9日まで。

おくんちの最終日までですので、
おくんちみがてら、足を運んでみてくださいな。

二つのおしゃれが、そこにあります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。