Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2011.9.26浦上デイ32011年9月25日、浦上デイサービスに
ボランティアでお邪魔しました^^
今日は、男性も2人加わって、11名の方のご参加でした。

いつものように、エコバッグを作って参ります。

この日の利用者さんは、物静かな方が多かったです。
2011.9.26浦上デイ2
だけど、決して消極的ではなく、ゆっくりゆっくり、
むしろ積極的にそれぞれのペースで、
静かな笑顔で楽しんでくださいました。

無理して笑う必要も、声を出す必要もないのですものね^^
動く手と、輝く目と、うなずくお顔から
2011.9.26浦上デイ8十分に伝わるものがあって、むしろ、ぐっときました。

バッグができあがると、やっぱりいつものように
にんまり^^が、見れます。

植木鉢も運べるんですよ~と言っていたら
どこからともなく、薔薇の植木鉢(造花)が、
2011.9.26浦上デイ1にこにこと満面の笑顔のスタッフさんと共に登場(笑)

はい♪
このように。


また、続きます♪


*お顔がわかる方は、浦上駅前デイサービスさんが
さくらブログでの画像公開の了承をいただいてくださっています。
スポンサーサイト
2011年9月17日(土)16:00からは
フロシキスタイルレッスン-スカーフバージョン-です。

一昔前は、男性が海外旅行のお土産にスカーフを買って帰ってくる…
なんてことがあったらしいのですけれど
最近は、とんとなくて。

やっと押入れから引き出してきました!というスカーフたちを
しぶしぶ、広げられます。

ワークショップの最初の頃
お持ちのご本人たちは、正直、最初「このスカーフ、柄がイマイチなんですが」
と言った風。。。

うんうん。

しめしめ^^
そんなこと感じているのも、今のうちだぜw

そんな風に、心の中でほくそ笑んでいる、いじわるな私(笑)

言いませんけどね♪(ぐひひ^^)


さて。

たった二時間しかないワークショップだから。。。ではないのですが
スカーフの結び方をたくさんする。というよりも
スカーフの楽しみ方を知る。時間となりました。

と、申しますのも。

スカーフの場合、たくさんの結び方を知らなくても
たったひとつのやり方しか知らなくても
相当数のアレンジがあり、楽しめるからなのです。

そのコツ、ポイントをメインにお話しして行きました。

2011.9.17フロシキスタイルレッスン-スカーフバージョン-1一つの方法で幾通りもの味わいを示してみるのに
4人の方、それぞれ違うパターンをお見せしたら

始まりました、撮影会(笑)

2011.9.17フロシキスタイルレッスン-スカーフバージョン-3そりゃそうですよね~

だって、自分のはわかりにくいんだけど
他の人のが素敵なのですから、当然です。

だけど、貴女のも素敵なのよ。
と、他の方が言ってくれるから、また嬉しい^^

もう…わー♪きゃー♪な、女子高状態にあっという間になりました(笑)

そうなのです。

スカーフの場合。。。
2011.9.25カラーアートセラピー2011年9月17日
JR諫早駅すぐの商店街 永昌東町商店街にある
フォンテーヌマナさん

カラーアートセラピーと、
フロシキスタイルレッスン -スカーフバージョン-
でお邪魔して参りました。


この永昌東町商店街は、
以前ラッピングレッスンでお邪魔したことがあります。

諫早市の商店街でのラッピング講習会

諫早市永昌東町商店街ラッピングレッスン2回目

ご縁があるのです^^

マナさんに入る前、ちょいとご挨拶とチラシをお渡しに
当時お世話になったお店に参りますと
「おぉ!久しぶりですね~^^」と、覚えていて下さいました。

「またラッピングの講座してくださいね。」と言っていただけて
嬉しかった♪

諫早市はこのように、また、他の繋がりでもご縁がある土地なのです。
また、再び、いえ、四たび目の、ご縁だったりします。

さて。

フォンテーヌマナさんはとっても癒させる
心洗われる心地よさの空間ですから、
ワークショップがはじまってから
いえ、その準備段階から……睡魔が(笑)

これは私だけに限らず、参加された方も同様で
眠さに耐えられない~と言いながらの
カラーアートセラピーとなりました。

2011年9月17日
JR諫早駅すぐの商店街 永昌東町商店街にある
フォンテーヌマナさん
カラーアートセラピーと、
フロシキスタイルレッスン -スカーフバージョン-
でお邪魔して参りました。

そのフォンテーヌマナさんのご紹介をします^^


フォンテーヌマナさんは一階は雑貨店。
二階と三階がレンタルルームになっています。

これがまた、おしゃれ!
普通サイズのIHキッチンもついてる!(食器、冷蔵庫つき)

そして。
なにより、空気が澄んでる空間なのです。

おしゃれだったり、綺麗である場所は多くありますが
心がお風呂に入った後の空気を感じられるレンタルルームは
はじめてでした。

それは、お金をかけて整備をすればできるというものではなく
その場所を作る方、つまりマナさんの
ワークショップや展示会をする方を、
優しくバックアップしたい、心地いい場所を作ってあげたいという心が
そのまま現れるから
そんな空間を作り上げることができているのです。

ここなら、カラーセラピーができる。
ここなら、カラーセラピーをしたい。

そう思わせてくれる空間でした。

三階はアコースティックライブもできるような空間でした。

机も椅子もなく、ひろびろとしていて
ソファがあって、くつろげる空間。

プチパーティなどは二階がキッチン付きでお薦めです^^

一日、夕方までお借りして3000円という安さ。
夜も3000円だそうです。

ぜひぜひ、ご利用くださいませ♪




2011.8.27浦上駅前デイサービス 2できたバッグを手にかけて
おでかけしてる様子を想像されている姿は
私が申し上げるのもおこがましいのですが
本当に可愛らしい!
是非、普段使って欲しいなぁと思いました。
そして、その姿を後ろから追いかけて眺めたい(笑)

二度ほどバッグを作った後
あまりの笑顔溢れる雰囲気に調子に乗ってしまい
リュックサックをデモンストレーションで作ってしまいました。

本来は二枚の風呂敷で作るリュックですが
実は4巾近くあれば一枚でもできます。
単純にいうと、とっても大きい風呂敷だと、一枚でできるんですね。

じゃぁ、どのくらいの大きさかとお話する際、
「巾(はば)」という、風呂敷独特?の単位が出てくるのですが…

「風呂敷の単位は何かご存知ですか?」と問うと

「巾よね。」

うーん。
さすがです。

過去、さくらの講座では一度も正解はでてきたことはありません。
これぞ、人生の大先輩ならではです。

スタッフさんにできたリュックを背負っていただくと
またも歓声があがり、優しい拍手をいただいて楽しい時間は終わりました。

そんな訳で、久しぶりのボランティアも
浦上駅前デイサービスの利用者さんと温かいスタッフさん達のおかげで
楽しくるんるん♪のまま、終わることができました。


*お顔がわかる方は、浦上駅前デイサービスさんが
さくらブログでの画像公開の了承をいただいてくださっています。
今回は、比較的介護度の低い、お元気な方が多く
また、とても積極的に楽しんで下さる方が多かったので
雰囲気も楽しく、バッグを作りました。

風呂敷のレッスンの時は毎回、
真結びできますか?チェックをするのですが
ボランティアの場合のお約束
「真結びが唯一できないのが、施設スタッフさん」もあり^^

スタッフの方に、利用者さんが
「こうして、こう結んでね…」と教えてあげているのを
いつものように、にまにま^^みながら。

2011.8.27浦上駅前デイサービス 3最初はどうなるんだろう?という感じで
手を動かしておられたのが
一枚の布が。段々とバッグの形になっていくと
「あ!こうなるのね!」と
歓声があちこちからあがりました。

もうそうなると、
更に私のテンションもあがっていきまして(笑)

2011.8.27浦上駅前デイサービス 4最後の結びをご説明する前に
「多分、こうすっとばい(こうするんだよ)」と
先に作り上げちゃった方もおられました。
「さすが!その通りです!」と、言うと
「ほらね~~~」と、もうご機嫌なご様子。

バッグができあがると、皆さん本当に嬉しそう。
立ちあがってにっこり^^

2011.8.27浦上駅前デイサービス 5後日届いた
浦上駅前デイサービスさんからのメールにありましたが
風呂敷の楽しさ、そして、その便利さ、
そして過去、実際に使われていた時のことを
互いに思い出しあいながら、話されていたそうです。


さて。
このエコバッグは、荷物の大きさに合わせて
持ち手を変えていくことができますので
二つの持ち手を、上手に変化させていくと便利です。

安いものを買うために、一軒ではなく複数のスーパーのはしごをして
そのたびに荷物が増えていったら、どう風呂敷を変化させていけばいいか。。。
そんなことを結びながら、お話していきました。

「そうそう!そうなのよ。最初は財布しか持って行かないから
あんまり大きいバッグじゃおかしいけど
買い物していくと、荷物が増えるのよねぇ」

笑顔と歓声が響く中
私の手の動きも、叙々に大きくなって。
するとみなさんの動きも大きくなるものですから
「いえいえ、皆さんは小さく動かして下さいね~
 ごきっ!となったりしますからね~」
なんていうと、また笑いが出て。

毎回、浦上駅前デイサービスさんはそうなのだけれど
本当に本当に、笑顔がたくさん・たくさんでした。

その3に続く。

*お顔がわかる方は、浦上駅前デイサービスさんが
さくらブログでの画像公開の了承をいただいてくださっています。
しばらくお休みしていたボランティア活動を再開しました。

久しぶりなので、ちょいと不安がございましたので
市の社協のボランティア担当さんのご厚意で
やっぱりリスタートの最初は、
私のボランティア活動のホームグラウンド
「浦上駅前デイサービス」さんにしていただきました^^

2011.8.27浦上駅前デイサービス2011年8月27日(土曜日)がリスタートの日となりました。
時間は14時から、55分間。
14人の方がご参加されました。
この日は全員が女性!

いつもはメニュー表から、
施設側にお好きなものをお選びいただくのですが
引越ししたばかりということや、ブランクがあったこともあって
今回は、こちらから風呂敷でお願いさせていただきました。

久しぶりだから、どうだろう…という若干の不安がありましたが
そんなもんは、もう靴を脱ぐ前にすっ飛んでました(笑)

と、申しますのも、ドアを開けるなり
デーサービスの利用者さん皆さんが、満面の笑顔。

もう…今かと、待ちきれない!と言った風で。

そりゃもう、嬉しくて、何もかもすっ飛びますがな(笑)

大慌てで靴を脱いだら、
靴下を事務所に預けてきたバッグに置き忘れたことに気づいて
慌てて取りに行ったりして(笑)
私のすることなんて、そんなもんです~(^^;

その2に続く。

*お顔がわかる方は、浦上駅前デイサービスさんが
さくらブログでの画像公開の了承をいただいてくださっています。
ボランティア活動を再開するにあたり
長崎市の社会福祉協議会 ボランティア室に参りました。

久しぶりに担当さんにお逢いするのに、ドキドキでしたが。。。

逢うなり、抱き合ってしまった(笑)

とっても喜んでくださったのが、私も嬉しかったです。


さて。
そこでのこと。

「先日、介護・看護関係の講師の方に、
 講義の合間、ボランティアをしているとお話ししたところ
『貴女は優しい方ですね。』と、言われてしまいました(苦笑)」
と、私。

「私、優しい……訳じゃない、ですよ、ねぇ(苦笑)」

「ですよねぇ…(^^;」
担当さんも苦笑い。

「ボランティアをしている人=優しい人」というイメージは
福祉・ボランティアに関して、まったく携わってない方ならわかるのですが(^^;

介護・看護=福祉関係の方と、感じていたし
まして、事業所を代表して講演をされる方なのだから
その施設でのオピニオン的リーダーであろうと思っていただけに
ちょっと苦笑いな一言だったのです。

ボランティアというのは、優しくして「あげる」ものではなく
むしろ、私は与えて「いただきに」いくものと感じています。

「あげる」ものではなく、自分のために「する」ものです。

私が優しいかといえば、むしろ反対かもしれません。
優しくしていただきに行く訳ですから…。

とはいえ、
義務や業務で行かされたボランティア経験しかない方や
逆に受け入れだけをしてきている方ならば
そういうものなのかもしれません。


そして。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。