Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今更ですが、ジブリ映画の「ゲド戦記」を見ました。

この映画が公開されたときは、とてもそれどころじゃなく
一度も映画館に足を運んでいないという、体たらく。

それは自分でも受け入れがたかったものですから
ネット上の感想などもできるだけ避けて見ないようにしていました。
ですから、比較的無情報気味で見た方と思います。

さて、感想ですが。

いえ、その前に。。。ごめんね、寝ちゃいました(^^;


とはいえ、この映画はセラピーやヒーリング、カウンセリングの分野に
興味がある方には、素通りできない映画でしょう。

フロイトさんほど一般メジャーじゃないけれど、ユングさんという
すごく有名な心理学者の唱える心理学を強く感じさせる作品だったからです。

作品をもう少し調べてみたいと思っていますが
ゲド戦記を見たことがある人はきっと多いでしょうから
逆に、それを知らない人に
ユングさんの考え方を伝えるのに、いい作品だと思います。

映画のエンターテイメント的な出来はさておき(^^;
「ゲド戦記」の原作を読みたくなりました。
そういう意味で、もっと早く見たかった、見るべきだった映画でした。

でも、今見たことにも意味を感じます。
公開時期だったら、ここまですんなりとは
ユング心理学との関連性を感じられなかったでしょう。

偶然は必然。
それを感じた出来事でした。
スポンサーサイト
スカーフ講師認定証 1スカーフ協会より4月に入ってすぐに
認定講師の認定書が届きました。

スカーフ協会は、変わっていまして
認定講師の試験は無料で受けることが出来ます。
合格後、認定書が欲しい人のみ、規定料金を振り込むと
認定書が郵送されるのです。
スカーフ講師認定証 2申し込まなくても認定講師として活動することはできます。

それなりのお値段を認定書代として支払うだけあって
リッパな額に入っていて、びっくり。

また、あわせて講師だけがいただける
スカーフクリップも入っていました。
ぴかぴか♪ですね~
これはネックレスにもなる便利グッズです。

その他、認定カードがあるそうですが、これは後日とのこと。

スカーフ協会が主催する、スカーフ講座は年に一度しかありません。
10月から始まり、すでに掲載されていますから
ご興味がおありの方はチェックされて下さいね。
4月26日より、カラー&ラッピングコーディネーター講座の
新規クラスがはじまりました。

毎回、ティータイムにはいろんなお菓子をいただきます。
今日は、東京からのお土産の桜の羊羹。
かわいい~と思って買ったのですが、美味しかったようで
皆さん、発売元をメモメモ・・・

私は甘いものと果物が大嫌いなので
毎回お出しするお菓子の味チェックができないんです。
基本、おやじ舌とお考え下さい(笑)

だから、いつも「美味しいのかな。。。」と不安で(笑)
こんな風に喜んでいただけると、お世辞じゃないと思えて
嬉しいし、ほっとします♪

はじめの講座では道具の使い方や、リボンの基礎的な結び方を踏まえて
ゆっくりと基礎的な包み方をします。
何度も包んだことのあるものでも、ポイントを抑えていけば
こんなに綺麗になるのかと、皆さん驚かれます。

小さなことからコツコツと。が基本♪

皆さんそれぞれ癖があります。
きっと上手に出来るようになると信じて
綺麗なリボンになるべく、ちょいと厳しい時もあります。

次回からは、表裏のあるリボンですから
更に難しくなりますけれど、コツがわかれば簡単♪

ラッピングの色の選択を心で感じていただくため
カラーセラピーも予定しています。
オレンジの丘4月25日は、お楽しみのボランティアの日でした^^
今回はダイヤランドという
長崎の南山手にある団地の中にある
オレンジの丘という施設です。

長崎港に面したこの施設。絶景!
特に24日の長崎帆船まつり
オレンジの丘2
入港パレードはよく見えたそうで
利用者さんみんなで、窓側から見たのだそうです。
かすかに女神大橋も見えますね。

さて、今回は久しぶりの風呂敷でした。
今年度からメニューがパワーアップして
オレンジの丘3風呂敷もいくつかコースが分かれました。
ご選択されたのは、エコバッグやリュックなどでした。

15人程度の方が参加されました。
はじめは久しぶりの風呂敷に慣れない感じだったですが
徐々に手になじんできて、心もほころんでこられました。

オレンジの丘4風呂敷包みの楽しさを実感されるにしたがって
どんどん視線も集中し、夢中になってこられました。
リュックサックを作ったときは
自ら背負ってはしゃがれていました。

終わった時、「また来てください~」と言っていただけて
嬉しかったです^^

写真はオレンジの丘のスリッパ。
ボランティアの様子を撮影できないので
これにて御容赦を^^
一応、今年春の国際観光船ボランティアは
4月21日だけの予定だったのですが
なんと、船の方からリクエストがあったとのことで
急遽、4月29日もデモンストレーションを行うことになりました!

うれしい~
ぱちぱち・ぱちぱち♪

昨年のデモをご覧になった船の船長さんや
海運会社との連絡で、リクエストがあったんだそうです。

しかも、その会社の旅行案内HPに、
風呂敷デモンストレーションもあります!と、載っているらしい(笑)
毎回、風呂敷と決まってないのに、大丈夫なのか?船会社(^^;

風呂敷デモンストレーションは、準備が大変です。
あ、といっても負担のほとんどを担うのは通訳さんのですが。。。

通訳さんの努力も実り、このチームの成果が目に見える形で現れ嬉しい^^
レッスン形式も道が見えてきたし、デモンストレーションはバッチリだし
いろんなメニューができるようになってきました♪

あとは、私の英語力だけが問題(^^;
国際観光船2008.4.21 その54月21日、旅ガラスが終わった翌日
長崎の港に参りました。

今年も国際観光船の風呂敷の日が来たんです。

今度の船は1200人が乗れるタイタニック風配色
大型客船スタテンダム号です。
2008.4.21国際観光船風呂敷レッスン
今回は、今までとは違ってレッスン形式。

この船は大きいのでお客様も多いのですが
よりお客様とのふれあいを大切にしたいという
ご担当さんのご意向で
2008.4.21国際観光船風呂敷レッスン2ほんの一部のラッキーな方が受けられました。

ショッピングバッグやリュックサックなどの後
瓶をたくさん用意して、瓶包み♪
外国の方は感情を素直に表現し
かつ、とても積極的なので
本当に盛り上がり、楽しい時間となります。

デモンストレーション形式は、結局のところ「ショー」なので
シナリオ通りに話し、進行することが難しいのですけれど
レッスン形式の場合、レッスンは生ものですから
どこまで臨機応変にいけるかどうかが鍵となります。

今回初めてのタッグとなりましたけれど
次に繋がる、いい経験となりました。
そして、毎度のことながら、写真撮影を忘れました(笑)
(写真は、国際観光船受け入れ委員会の方からいただいたものです。)
4月19・20日は、ラッピング協会の集中認定講座の日でした。
1.コーディネーターの集中講座と、試験
2.応用クラスの集中講座
3.指導者養成講座 がありました。

私の生徒さんからは、1.のコーディネーターと、3.の指導者を
受験された方がそれぞれおいででした。

今回、指導者養成クラスを受講された生徒さん。
ついにラッピング協会の認定講師として、同じ立場となりました!

また、コーディネーターの方は、筆記試験が100点が2人しかいないうちの一人に!
すごーい!
私の時なんて。。。。いやいや。(^^;

私は2.の応用クラスのアシスタントでした。
応用クラスは北九州の先生で、かわいらしい雰囲気の先生です。
私もお世話になっている九州電力のお仕事もされています。

昨年秋に1.の集中講座と試験を終えた方も多くご参加くださいまして
久々の再会と、先生のもたらす穏やかで優しい雰囲気のまま、講座は進んで行きました。

アシスタントとして動くと、とっても学ぶべきところは多く
ずっとお話してみたかった先生だったので、いろいろ親しくお話が出来、よかったです♪

バンビーノさん その2翌日は香椎でのラッピングレッスンの後
ちょっと北九州方面に足を伸ばしました。

福岡での特別ワークショップの後
ブログのお友達が集まった2月から2ヶ月。
もう2度目の会合となりました(笑)

バンビーノさん その1と、いうのも偶然か必然か、皆さんが
素敵なバス停カフェバンビーノさんのファンで
その素晴しい居心地の良さと、おいしいお食事のお話で
もちきりだったからなのです。

行きたい~
と思っていたら
一個さんが連れて行ってくださることに!

バンビーノさん その3そして、なんと皆さんも終結して下さいました♪
一個さん、アジアンブルーの店長さん、whiteさん
whiteさんのお客様Oさん
・・・そして、時折バンビーノのオーナーさんも加わり(笑)
楽しい時間となりました。

下の写真はバンビーノのオーナーさん。
このために貸切にしてくださいまして
メニューも特別なものをご用意くださったそうです。
バンビーノさん その4前菜は、全て違うお皿に盛り付けられていて
おしゃれだし、美味しいし♪

なんとこの会合に参加したい!と
思ってくださっている方がいると聞きびっくり!

確かにあまりの楽しい話に、
途中から厨房からくすくすと笑う声が聞こえてきて
バンビーノのオーナーさんが途中参加するほど。
佐賀花市4月17日、お隣の県、佐賀の花市まで
カラーとラッピングのデモンストレーションで参りました。

実はこの日はラッピング講座の前後に別室で
パソコン講習会があっていたのでした。
そのためか、はじめはまばらだったのが
どんどんお客様が増え続け
最後はついに40人近くになったようです。

母の日ラッピングをメインに鉢物・花束などを
大きいものから小さいものまで、色のお花を含めながら包みました。

出入り自由にもかかわらず
最後までお席を立つことなくお話を聞き入ってくださいました。
デモンストレーション終了後、一気にご質問される方に囲まれました(^^;

綺麗なデザインをラッピングして、コストを無視して
ただただ包むテクニックをデモンストレーションするのではなく
色彩・トレンドカラーのお話をして、その取り入れ方など
お商売に必要なコストとデザインの関係などを、
なり具体的にラッピングしながらお話しますので
質問の内容も具体的です。

この日の質問は、カラーとラッピング、半々くらい。
私はずっと青が嫌いだった。
なのに、何故か最近青が気になって仕方がない。

何故か最近、オレンジに目がいってしまう。

昔、あんなに好きだったピンクが、嫌いになった。

何ででしょうか?とよく聞かれることがあります。
結論から言うと、その本当の理由は、本人にしかわからないのですが
唯一いえることは、その色がもたらす力を求め、または拒否しているということです。

色にはいろんな基本要素があります。
赤はドキッとするし、情熱燃え滾る感じがします。

その他にも、人生の経験上の色の要素があります。
大嫌いだった人が好きな色、紫は、大嫌い。みたいな。。。

情熱がない無気力状態だから欲しいから赤なのか、情熱に燃えているから赤なのか
赤が好きだったあの人みたいに、今目の前にある問題に上手に立ち回りたいからなのか

いろんな理由の可能性がありますが、理由を探す事も大切なんですけれど
とりあえず、自分は今、その色を求めているんだ。。。と受け入れ
その色を感じ、取り入れてみては?

その色は、心のお薬なのかもしれません。
薬は素直に飲むべし。とお医者さんはいいます^^

理由は、ひょっとしたら今じゃなくて、3年後、5年後にわかるかもしれません。
今、その色を感じて、その色の力を意識して享受していたら
3年後、5年後にわかった時に、とても自分がいとおしく感じることでしょう。

色の薬を飲むことも、自分をいとおしく感じることも、自分癒しになっているんです。
パーソナルカラー&カラーセラピー講座が始まりました!

今回はすでにパーソナルカラー診断を済ませた方たちです。
それぞれのタイミングがあって
更に彩のある生活を求めておいでになりました^^

カラーセラピーははじめての体験だったそうで
カラーセラピーの奥深さも体感していただきました。
今後は、もっとその楽しさや、癒しを感じていただけると思います。

初回は色彩学の基礎をさらりとしたのですけれど
好ましい配色理論などをもっと学びたい!とのことでしたので
急遽、予定変更することにしました。
こんなことができるのも、少人数制ならでは♪

立ち止まりながら、時にはみんなが早足なら早足で進みながら
じっくり心の彩りを増やしていただければと思います。
ブリザ先日、ふと写真を撮りたくなって
いろんな身近なものを撮影しました。

福岡・香椎でブリザーブドフラワーのサロン
Salon de Fairyのオーナーさんが
プレゼントしてくださった
ブリザーブドフラワーです。

さくらでのレッスンの時、お客様の心を和やかにしてくださっています。

Salon de Fairy さんでラッピングのレッスンを始めて
そろそろ1年くらいになります。

いよいよ講師の資格も取得されます。
とっても気さくで、まわりを明るくされる方なので
きっと素敵なラッピング講師になられることでしょう。

ブリザードフラワーはまるで生花のようなみずみずしさが、2~3年保たれる花です。
生花と比べて気軽にアレンジ作品が楽しめます。
彼女は生花を学ばれているので、デザインがよく見る感じのものではなく
レッスンに人気があるのも納得。
今日から駅前カルチャースクールの新規講座が始まりました!

かんたんカラーコーディネートと、やさしいラッピングの講座です。

カラーコーディネートでは、色彩検定を目指す方もおいででした。
真剣な中でも楽しんでカラーとであっていただけたら嬉しいなぁと思います。
「あっという間でした!もう終わっちゃった。。。。」という言葉が嬉しかったです♪

ラッピングの講座では、新しい方もおいででした。
継続の方が暖かい、優しい雰囲気を作ってくださっているのですが
見学された時にその雰囲気がよかったので・・・と話してくださって
みんなで嬉しさを共有しました。

今回の新規生徒さん達は、今までよりもぐぐっと年齢が若くなりました。
楽しく、しょーもない話もしながら楽しく3ヶ月が過ごせるといいな♪
今月から第一金曜日はカラーアートセラピーの日になりました。
カラーセラピーワークショップの日です。

このワークショップは、パーソナルカラー&カラーセラピー講座
終了された方のご希望で、4月4日よりはじまりました。

初回にもかかわらず、色や絵に現れるご自分の心に
クライアントさんはもちろんですが、私自身も感じ入る部分があり
多くの学びがありました。
クライアントさんにとても深い気づきがあり、カラーセラピーの奥深さを再実感しました。

毎回カラーセラピーのたびに感じますが
カラーセラピーは、クライアントさんのたくさんのお話を伺うのに
自分の心が癒されていきます。

セラピーは、場の提供者=ファシリテータである自分自身も癒されるもの。とは
本当だな。。。と思います。

カラーセラピーでは、自分と向き合うことになりますから
時に辛い時間となることもあります。
でも、その後は自分に優しくしてあげたくなります。
こんなに頑張っている、愛しい自分に気づけるからです。

ただ存在するだけで素晴しい自分に気づく。
その場にご一緒できるのは、本当に嬉しい時間です。

このワークショップは、「勉強」ではないので
途中参加も、時折お休みも大丈夫。
自分の中にある、自分への優しいメッセージを受け取ってみませんか?
color sessipon 2008鹿児島の翌日は、東京ビッグサイトで
4月9~11日に開催された
COLOR SESSION 2008に行ってまいりました。

これは、色彩の展示会です。

日本ペイントなどの塗料メーカー、携帯の色
color sessipon 2008 5色覚不自由者の為のサイトや表示制作ツールのメーカー
色彩に関する諸資格・検定の協会、流行色
色見本帳販売メーカー、照明・光源のメーカー
フラワー、インテリア、パッケージデザインとカラー
色をポイントにおいた車の展示とコンテストなどなど

文字通りいろいろな分野の企業や協会が
color sessipon 2008 3それぞれの視点から
新しい色彩、色彩商品の提案を展示しています。

色の展示会だから
華やかなものかと思われるかもしれませんが
いろんなメーカーの色・色覚で提案できる部分に
スポットライトを当てて展示してありますので
color sessipon 2008 4金属的なブースも多かったです。

新しい携帯に代表されるように質感も色の一部。
そんな意味からも、透明な素材や光る素材もありました。
写真は、フレームだけで車を作ってあったブース。
透明に見えるところが面白いですよね^^

ソフトバンクの携帯ユニクロに代表される
PANTONEという世界で採択されているカラーシステムがあります。
昨年より、PANTONEを採用した新しい色彩検定
はじまったことからも注目が集まっていますが
3次元で色の分析が出来るソフトが提案されていました。

その他、色覚に不自由がある方の見え方ができる眼鏡など
カラーユニバーサルデザインに関するブースも興味深かったです。
これは福祉施設ではとても役立つ便利グッズでしょう。
薩摩偉人たちの像4月9日、鹿児島の矢次郎花市に
色彩とラッピングのデモンストレーションで
お邪魔致しました。

花市は朝が早いので、前日入りしていました。
デモの当日は、すごい大雨。
私の後にデモをなさったアレンジの先生の時には
マイクを通した声すらも聞こえないほど。

鹿児島花市それにも関わらず多くの方が足を運ばれ
熱心にお話を聞いておられました。
多くのご質問から、熱心に取り組まれている姿勢が見えます。

花市でのデモンストレーションでは、花束や鉢植えを包みながら
そのポイント、テクニックをお話します。
そして、カラーコーディネートのお話も必ずしています。


鹿児島花市2
流行色のといり入れポイントはもちろんですが
流行色とは?具体的にどんな色?といった基本や
お客様の求めるイメージを形にする配色法などを
具体的にボードを使って
専門用語を用いずに話しました。

より具体的に、現場でお花や包装紙を選ぶ時を想定し
実践できるようにお話しすることを心がけています。

終わった後、主催の方からの
「流行色や花のイメージを考えることは大切とわかっていましたが
あのように具体的にお話してもらったので、わかりやすくてよかったです」
という言葉が嬉しかったです。
いよいよ4月26日(土)から
カラー&ラッピングコーディネーター講座の基礎クラスが始まります。

このクラスは御要望から急遽土曜に開講することになったクラスです。

ラッピングの基礎はもちろんですけれど
カラーの基礎から、色彩配色にラッピングを活かす方法など
ラッピングにおける色彩の特徴・ポイントも学ぶことができます。

ラッピング協会のコーディネーター講座に対応しておりますので
ご希望の方は、試験を受講することができます。

定員4名までの少人数制で、上手にできるコツを
お一人お一人の動きを見ながら、個別にご指導いたします。

そういえば・・・。
先日の認定試験対策講座で他のクラス同士の方がご一緒された時のこと。
お一人の方が、包めないほどではないのですが
わずかに若干包装紙を短く切ってしまいました。

彼女が「私は3mm短くしてしまうんです。」というと
他の方が「あ~。私はリボンが小さいんです(笑)」
と、お互いの癖を笑いながら話される場面がありました。

レッスンの時には、それぞれの方の癖を踏まえ、その方なりのやり方をお話していますが
癖も自分の一部として素直に受け取っておられることが垣間見え
思わず笑顔がこぼれました。

このクラスは、あと1席空きがあります。
ご興味がおありの方はご連絡くださいね。
手作りクッキー1生徒さんが手作りクッキーを
ラッピングして持ってきてくださいました。
彼女からはいつも、ラッピングの楽しさ、贈る喜び
そしてその素晴しさを体感しておられるのが伝わってきます。

ラッピングする楽しみを持つ側の立場に
ついつい立ってしまうのですけれど
それを受け取る幸せも得がたい喜びです。

手作りクッキー2こちらは、和風の包装紙にあわせて和風に仕上げたそうです。
和風に仕上げるための試行錯誤が見えて
これも嬉しくなりました。

二つのクッキーはこの手作り紙袋に入っていました。
市販品みたいな完成度の高い、しっかりした紙袋ですけれど
レッスンで大人気のショッピングバッグの作り方を
彼女らしくアレンジしてありました。

手作り紙袋後からよくよく見ると、作り方が違うところがあったりして
あはは~と苦笑い。

ラッピングは楽しむため、自分が嬉しいため
そして、相手が喜ぶためのもの。

見た瞬間に、包む間にどれ程自分の顔を
思い浮かべて包んでくださったのかが伝わるだけで十分嬉しい。
対策講座4月のある日、ラッピング協会の
ラッピングコーディネーター試験対策講座をしました。

改めて、試験に出る包み方を中心に学びなおし
確認が必要な包み方も再認識されたようです。

講師養成クラスを受講される方も一緒に
講師としての実習の時間となりました。

同じ包み方でも、講師が違えば、印象も大きく変わります。
いろんな講師の方から学ぶことは、生徒さんにとって大切な宝です。

講師さんは、ご自分にとって自然に出てくる言葉で伝えるのが一番。
自分らしい言葉で伸び伸びとお話したら、自然と楽しさも伝わると思います。

コーディネーター試験は、どうしても「試験」ですから緊張してしまうものです。
緊張しないためのいろんな裏技や、実技がスムーズにできるコツなどもお話しました。

当日は私も会場に参り、終日おります。
緊張感の中にも楽しく過ごしていただきたいものです^^
sakura
今年の桜は、一枝でした。
pc毎年、春先はパーソナルカラー診断の
お問い合わせが多くなります。

男性からもご予約は入っていますから
単純におしゃれを楽しむ時期・・・とも
いえないのかもしれません。

お引越しをするから。勤め先が変わるから。
春休みで時間が取れるから。などなど、理由は様々です。

春は新しい自分をお迎えする心が実る時期、なのかもしれません。

さくらでは1日ひと組しか予約をいただきません。
ご自分で似合う色を体感していただいて
「春色が似合う」などの言葉だけをお持ち帰りにならないように
ゆっくり時間をかけて、診断の時間を共有します。

新しい自分色を迎えるつもりが
逆に使いたい色数を狭めてしまったりすることになるのでは、残念ですから。。。

診断の経験がおありの方も多くおいでになりますが
「春色、と言われましたけれど、そうなのかわからないまま今に至ります。」
と言われると、残念に感じます。

長い方は7時間おられた方もいらっしゃいます。
たくさんご質問され、たくさんの新しい自分への期待を抱えて帰られました。

できるだけより強く、似合う色とその色が似合うご自分の印象が心に残り
忘れられないほどの感動を、お持ち帰りいただきたいと思う毎日です。
アップルパイ 1昨年生徒さんが作ってきた下さった美味しいアップルパイ♪
ちょっと遅くなっちゃいましたが、御紹介。

ラッピングもかわいいですね。
でも、このラッピングの素晴しいところは
かわいいリボンとお花だけではありません。

アップルパイを傷つけず、かわいくラッピングするために
まわりに白い厚紙を使って
アップルパイ 2カバーケースを手作りで作ってあるのです。

その完成度はとても高く、とても手作りには見えないほど。
すごいなぁーと感動しちゃいます。

彼女のラッピングを見るといつも
彼女の優しさやラッピングを愛する気持ちが伝わってきます。

やっぱりラッピングっていいですね^^
一個さんアジアンブルーというネットショップで
アクセサリーを販売されています。

昨年の誕生日、一個さんからピアスのプレゼントをいただきました。
ピアスそのものもとても嬉しかったのですが、忙しい私への心遣いが染みました。

そしてそれ以上に感動したのは、ラッピングでした。
あまりのことに、息ができなかった。

それは特別なテクニックや材料を駆使した個人向けラッピングではなく
通常の商業ラッピング用のラッピングでしたけれど
見ただけで、一個さんがどれだけ心を込めてラッピングしたのか
すぐにわかるものだったからです。

履歴書にある文字があまり上手じゃなくても、心を込めて書いた文字は
いくら綺麗でも雑に書いた文字よりも、何倍も誠実さを十分伝えるように
心を込めて包んだものは、数を多く見ている人間ほど、わかるものだと思います。
もちろん、一個さんのラッピングはとても綺麗に包まれていました。

さて、2月に福岡で特別ワークショップを開催した後
夜のワークショップ(笑)があったのですけれど
その時の感動を、一個さんにお話したところ
なんと、一個さんは涙を流されました。

この人は、なんと誠実に心を込めてラッピングしてきたのか。

そして、そのためにどれだけ真摯にラッピングに取り組み、悩んでこられたのか。
それが感じられる涙でした。

コラージュパーソナルカラー&カラーセラピー講座での
コラージュの時間の様子です。

大阪のおばちゃんが言うところの
「飴ちゃん」もありますね。
飴をなめなめ、チョコレートをかじりながら
リラックスしたムードで、雑誌を切り抜いて貼っていきます。

はじめは、会話が自然に出てきますけれど
段々と集中してきて、いつの間にか会話はなくなっていきました。
2枚も作り上げた方もおいででした^^

やがて、完成にスッキリ!
できあがった作品に満足そう。

コラージュにあらわれた心を感じとられ
気づきが深く、いいセラピーとなりました。

不思議とパーソナルカラーと
カラーセラピーにあらわれる色から感じる部分にリンクがあります。

パーソナルカラーへの理解が深まると同時に
カラーセラピーでの気づきが深くなっていくんです。

パーソナルカラー&カラーセラピー講座の新規クラスは4月15日(火)から。
まだ、定員に空きはありますので、お気軽に^^
旅立つ大切なお友達やお世話になった方に贈り物をする時期です。
また、新しい出会いのご挨拶の贈り物をする時でもあります。

お店で包装をお願いしてもいいのですけれど
ご自分で思いを込めてラッピングするのも、真心が伝わっていいですよね^^

何色のラッピングにするかは、やっぱり、お相手の好きな色が一番ですけれど
それが何色か判らない時がありますね。

ラッピングでよく選ばれる色は、赤いリボンやピンクの包装紙などですが
黄色黄緑の菜の花配色は如何でしょう?
案外、ショップのサービスラッピングにはない色ですし
この時期、心地よい色です^^

新鮮でフレッシュな印象を、新芽を表す黄緑色がもたらしますし
希望の光色である黄色も、新しい門出や出会いに可能性を感じさせてくれます。

また、この二色配色は、ラッピングにおいては性別を比較的問いません。

女性への贈り物なら、リボンの真ん中にお花をさしてもいいですね♪
花盗人美人を見つけたので、花盗人してきました^^

といっても、諸事情により好きなときに好きなだけ
持って帰っていいことになっているんです。

桜も満開になって飾ってあったのですが
数年前、持ち帰った桜を自宅に飾ると
非常に非常に掃除が大変ということが判明。
今年はこの子にしました。

活けてあるのを抜いて、枝をそのまま持って自宅まで歩くので
桜の時などは特に、通りすがりの方の目が痛い(^^;
ドロボウじゃないんだよーと叫びたい気持ちを抑えつつ(笑)

こぼれるような花の美しさに、出るため息も色づいて。
ここ数日のレッスンや診断のお客様の出迎え係さんなのです。
です!
入学式です!

新しいスーツを買う暇なんてない!がんばるママさんに
かんたんスカーフアレンジで、「おっ!」な結び方^^

スカーフを三角に折り、お首にかけます。
左右どちらかの肩付近に結び目をゆる~く作ります。
この結び目にその反対のスカーフの先を、下から上に向って入れ結び目を締めます。

通す長さは通したスカーフを上に引っぱれば調整できます。
長く引っぱり出しスカーフの先を肩から背中に流せば、歩くと動くエレガント風。
短くしたままなら、通したスカーフを身体の前に出してもいいですね。

長さの調整で体温調節ができますので
気温の変わりやすいこの時期には便利です。

結び目を下の方に作れば、スカーフの面積が増えますから
肩を覆うような華やかスタイルになります。

結び目は、お首の横付近に立てるように置くと綺麗です。

スカーフを巻いたら、あわせてバッグの持ち手にも
色やデザインがリンクするプチスカーフを結んで、さらっと流すと
トータルコーディネートできますよ♪

何より、大切なことを最後に。。。

ひとつの結び方を何度も、数日前から練習しましょう。
手馴れて当日をお迎えしましょう。

当日は、時間をかけてゆっくり結びましょうね♪
夜中に「うぎゃぁぁぁ!!!!」と叫びたくなった時
お奨めなのが、クレヨンでのカラーアートセラピー。
その辺にある白い紙に、思いつくままただ色を塗る。

A4以上がお奨めです。
だって、紙が小さいと「うぎゃぁぁぁ!!!」な気持ちが溢れて
クレヨンが紙からはみ出して
テーブルを汚しちゃうかもしれませんから。。。

気が済むまで塗って下さい。
誰に見せる絵でもないので、捨てるつもりで。
終わった時のすっきり感は、なんともいえません。
(とはいっても、塗り終わった後、取って置くと、心の変化がわかる色日記になります。)

さて、そんなことを私もたまに実践しているのですが
1色で塗りつぶすというのは、なかなか大変です。

選ぶ色には、あなたが求める感情の沈静に必要な力があります。
1色だけ塗り続けると、その色の心・力をたくさんもらうので
「・・・もう、いいか。。。」という気持ちになります。

逆に1色を全面に塗り続けても平気、むしろ、2枚目に突入!となれば
その色がもたらす力をとっても身体が求めてます。

1色の中にも、いろんな力があるから
どれが今回のあなたの「うぎぁぁぁぁ!!!」の原因かを
考えて感じることも、自分癒しに繋がります。
大きな声じゃぁいえないが。。。
実はリボンを綺麗に結べるようになりたくてラッピングの講座を受けました。

そう言われる方はとっても多いです。
実は、真結びという、固結び・こま結びができない方も多いです。
(それはまた別の機会に・・・)

ちょうちょ結びが綺麗に結べるようになるには
それぞれ一人一人が持つ手の癖を
本人がそれを理解して手を動かすことが必須です。

とはいえ、自分の癖はわかりにくいものですから
講座では、そのかたの癖をまず把握し、伝えます。
そして一人一人指の使い方、腕の使い方を変えて伝えています。
ある方には「脇を締めて」といい、ある方には「脇を広げて」という風に。

左右に輪ができた後、その輪を左右にひっぱて整えますが
その時に、輪の先を握り締めないというのもポイントです。
じゃぁ、どこを握るかといえば、輪に指を入れて引っぱります。
指が入るから、輪がふんわりして、キュートリボンができるようになります。

リボンがナナメにできちゃう方は、後からかけるリボンの巻き方が逆です。
リボンが逆さまになる方は、はじめに作る輪が逆で、リボンの巻き方も逆です。
いっそのこと、リボンを作るとき、逆さまにひっくり返して結ぶといいかもしれません。

いつも同じ形で綺麗にならない方は、決まった癖がある分、それを知るだけで解決します。
毎回、向きや形が違う方も、癖がない分、早く解決します。
私は、福岡市のこども病院の移転に反対します。

ご賛同くださる方は、福岡市外の方でも署名していいそうです。

サイト:http://members.aol.com/withseiko/childhp.htm
署名用紙:http://members.aol.com/withseiko/newshomei.pdf
署名用紙送付先:〒819-0013 福岡市西区愛宕浜2-3-1-108 西頭京子さん宛

この病院は救急病院でもあります。
九州内外にお住まいの方ならば、いつかお世話になることがあるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。