Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
4月からいろんな新規講座が始まります。

パーソナルカラー&カラーセラピー講座・・・火曜日 4月15日~

カラーセラピーワークショップ・・・毎月第一金曜日 4月4日~

フロシキスタイルレッスン・・・木曜日 4月24日~

カラー&ラッピングコーディネーター講座・・・土曜日 4月26日~


全て4名までの少人数制です。
わからないところで質問しあって
何度も立ち止まりながら、深め合い学ぶレッスンは如何でしょう?
スポンサーサイト
よくあるラッピング講座での質問。
「~を包むには、どんな包み方がいいですか?」

~の部分は、お好きな言葉に変換して下さい。
ラケットでも、瓶でも、鍋でも、人間でも。

残念ながら~の包み方、というものは基本的にないんです。
包みたいイメージと色次第。
包み方はいくらでもあり、どう包みたいか。があるだけなのです。

もちろん、それだけじゃイマイチ納得していただけないから
そのたびに、その相手にとってベストな包み方をお答えするんだけど。。。

例えば、新鮮な卵があります。どう料理したらいいですか?という質問と同じなんです。
答えは、食べる人が好きな卵料理。

「生卵は大丈夫ですか?
大好きならば、新鮮な卵は、私ならば卵ごはんにします。」

ポイントは「生卵は大丈夫」「新鮮な卵」というキーワード。
このキーワードがどれだけ集められるかで、変わってくると思います。

もちろん、この形はこう包んだ方が包みやすい、とか
こう包むとかわいい、というオーソドックスなものはありますが。。。

余談だけれど。
過去の質問実績の一部です。

ラケット。靴。傘。水。空気。人間。車。チロルチョコ。家。ポテトチップス。スティック状のお菓子20本入りの袋を10袋分。座って腕を左右に広げて脇を締める筋肉トレーナー。実際は現金が入っているが、洋服が入っているように見せる。

実際包んだものもあります。
長崎市と大村市の市民講座のご案内です。

長崎市 「普段使いの色彩とラッピング
 普段使える、ラッピング、カラー、風呂敷、スカーフの使い方


大村市 「暮らしの知恵袋」 第一回 風呂敷講座
 全5回の講座のうち、初回を担当。


それぞれ、長崎市民、大村市民が優先されますが
空きがあれば受講可能ですので、お気軽にお申し込み下さい。

共に、6月からの講座ですが、申込締切は4月中旬ごろになります。
お申し込みをお考えの方は、あらかじめご注意下さい。

メイクカラーパレットパーソナルカラー診断では
診断後、似合う色でメイクをしています。

ほとんどの方が、今まで使ったことのない
メイクカラーを使うことになります。
劇的にナチュラルな美しさを目の当たりにして
皆さん驚かれます。
これ以上の説明は何もいらない。。。という感じ。

さて、秋色のメイクカラーパレットは、渋い落ち着いた大人の色になります。
一見、地味でふけそうな配色です。

これが不思議なことに、秋色がパーソナルカラーの方にメイクをすると
逆に若返ってしまう印象です。

春色さんのメイクカラーパレットは、この時期の花畑のようで
ぱっと見ただけで、なんだか気恥ずかしくなるほどの華やかさ。

これが不思議なことに、春色さんにメイクすると
大人っぽくなる方が多いんです。

パーソナルカラーが冬色の私。
私の場合は、秋色だと老ける上に、ケバく下品になってしまいます。
本当にわかりやすい、ブルーベースのサンプルのような私(笑)
春色だと、若作りしているみたいで、浮きます。やっぱりケバくなります。。。
夏色だと少し顔色が悪く見えます。
(全ての冬色の人がそうというわけではありません。)

メイクをするたび、教科書やノート、先生のお話などの知識が
実感として本当の学びに変わっていきます。
診断をしないで、パーソナルカラー検定の資格だけでは得られない
本当に素敵で深い学びです。
ボランティア活動は今年で3年目に入ります。

川に水が自然に流れるように、活動仲間が増えることになりました。
カラーセラピーのときに1人、風呂敷の時に2人。
タイミングが合えば、ご一緒しましょう。程度です。

ボランティアって、性格やライフスタイルに合うかどうかは
それぞれだと思うから、この3人の方が楽しめるといいな。。。

私にとっては、楽しいばかりで、まさにハマっていますが
こればかりは始めてみないとわかんない。

先日、ボランティア登録と保険加入にご一緒しました。
向かないと思ったらいつでもすぐに
気軽にやめていいことをお伝えしました。

4月からはスカーフもメニューに入ります。
ボランティアも新しいステージが始まり、楽しみです。
フロシキスタイル昨年6月に開催した
風呂敷包みを使った新しいライフスタイル提案
個展「フロシキスタイル」の作品をupしました。

1年経ってしまいましたが
よかったら、見てやってくださいね。
あなたのライフスタイルを変える
何かが転がっているかもしれません^^

あわせて、他の個展の作品たちも場所がわかりやすいように
それぞれの個展のトップページに案内をつけました。
今までその先を発見できなかった方は、是非この機会にご覧下さい。
スカーフ認定講師の資格をいただいてから初めての講座
駅前カルチャーのふろしき&スカーフレッスンが終わりました。

タンスに眠るスカーフが、講座を重ねるたびに
どんどん登場されていくのが、生徒さんの楽しさを伝えてくれるよう^^

スカーフの素晴しさは、一つのスカーフを同じようにかけても
回したり広げたりするアレンジで、全く表情が変わること。
ひとつで十分。という気持ちにすらなってきます。

たったひとつの結び方でも、右に回すのと、左に回すのでは全然印象が違います。
スカーフの本がたくさん出ています。
本にある向きだけじゃなくて、逆向きにしてみたり、正面向きにして
楽しんでみると、きっと発見があります。
green/4green/4green/4
ボランティアでの、カラーセラピーの時のこと。

絵の中にあるハート全体を
赤やピンク、オレンジなどの暖色系で塗っている人の絵の真ん中に
緑が突如あらわれていました。

この方は緑に特別なものでもあるのかな?と思って見渡すと
緑を必ずどこかに使っている人が多いことに気づきました。

緑には、リラックスや安定、中庸の落ち着きを感じさせる効果がある。

集めるのを手伝ってくださるスタッフさんに
「緑色を使われている方が多いですね。」と話しかけると
「そうですね。。。そういえば、緑色を好まれる方がすごく多いです。」とのこと。

ふと、他の折り紙でつくるポチ袋やはし袋の講座の時
やっぱり緑色を選ぶ方が多かったことを思い出しました。

一般的に、折り紙やラッピングのように工作的なものの色を選ぶ時は
赤やピンクといった暖色系を選ぶ方が多いので印象的だったのです。

ボランティア施設においでのお年寄りたちは長く戦った日々をご卒業され
私たち以上に、心が安定する状況を求めておられるのかもしれませんね。
2008年張るバージョン2008年春バージョンにサイトカラーリニュしました。
今年の流行色は
「花!華やか!キュートなの♪うふ♪」
って勢いのラインナップなので
ラブリー攻めしてみました^^

それ以上に。。。

大幅にマイナーリニュしました!

わかりにくいところを、よりわかりやすく
スカーフや風呂敷・カラーセラピーのページも作りました。

相当大幅な更新を一気にしています。
もし、表示されないなどのミスを発見してくださったなら、是非お知らせくださいね。

4月から始まる講座や
新しいスカーフの講座、カラーセラピーのワークショップなどの
情報満載しています。

今年度からは、今まで学んだことを、できるだけ多くの人に伝え
その楽しさを一緒に共有したいと考えています^^

3月のボランティア活動先は、デイサービス新里さんでした。
カラーセラピーでした。

11時~12時のお風呂の入れ替わりの時間でしたので
バタバタとした中での、色塗り時間になりました。
お話も、なかなかできなかったけれど
その中でも、いろんなお話を聞かせていただきました。

絵のテーマがリラックスだったからか
リラックスするのはどんな時か・・・という話から
趣味のお話になることが多かったように思います。

抽象的な形を塗っていただくので
「これは何の形?」とよく聞かれます。
「これって決まってないんです。何に見えますか?」と聞くと

「お母さんが優しく包んでいる形」
「月」
「すいか」などなど。。。

それぞれの個性や、心のありようがなんとなく感じられます。

「すいかがお好きですか?」
「そうなの~とっても大好きなのよ。小さい頃はね・・・(続く)」
すいかへの小さい頃からの愛が語られました。

お風呂からあがって、身体がぽかぽかの中で
ゆっくり色塗りを楽しまれた方には
完成までの時間が足らず、残念なことになりました。
お持ちしたクレヨンは引き上げて帰らないといけません。。。
施設内にあるクーピーなどで、満足するまで塗っていただくようにお話ししました。
1~3月期のえきまえカルチャースクールの風呂敷とスカーフ講座では
3月からスカーフのレッスンが始まりました。

日本スカーフ協会より、認定講師の合格書をいただいてから
初めてのスカーフのレッスンです。

スカーフ協会で学べるスカーフには
基本的な折り方が5つあります。
それに、基本のかけ方2つと結び方4つを
それぞれ組み合わせてくことで、いろんな結び方ができることになります。

この日は、ゆっくり繰り返し復習をしながら、折り方やかけ方を学びました。
簡単にできるのに、しっかり結んだように結べて、華やかに見える結び方があることに
生徒さんも驚かれていました。

スカーフはご自分の物をお持ちいただくので
いろんな柄や配色ごとの特徴を、お互いに感じられて
そこにも学びがありました。

スカーフはブラウスが一枚増えたのと同じ。
同時に、風呂敷の代わりとして扱っていいスカーフであれば
バッグとしても使えるのです。
こんな便利なライフスタイルを、もっと伝えていきたいです。

時にマフラーよりスカーフが暖かい時があります。
これからの時期の外出では、身につけているものでの体温調節が必要になり
スカーフは大活躍することでしょう。

最後は学んだスカーフをそのまま、お首にかけて帰られました。
「本当に勉強してよかったね~」と話して下さっていて、嬉しかった♪

スカーフも楽しいなぁ^^

スカーフ自体も楽しんだけれど、スカーフが紡ぐスカーフコミュニケーションが楽しい♪
また、次回のレッスンが楽しみです。

4月から始まる「ふろしき&スカーフレッスン」でも、スカーフを学びます。
ご興味がある方は、えきまえカルチャースクールをご覧下さいませ^^
3月2日、長崎市主催の環境シンポジウムがありました。
今回のシンポジウムの全体テーマは「減らそう!レジ袋」
私は風呂敷を使っての講演と、風呂敷作品の展示で参加しました。

控え室で私より先に講演された方が
いつもより観客がかなり少なかったと、言われていましたが
実際は100人くらいだったようです。

広い会場での風呂敷実演でしたので
市の職員さん3人にご協力いただき、直前レッスン。
自分が結ぶのと、人に伝えるために結ぶのでは動きが違います。
慣れない手の動きに戸惑いながらも、皆さん熱心に取り組んでくださいました。

この方達には風呂敷包みの普段使いのモデルさんとして
ステージ上にあがっていただきました。

自分で作った風呂敷や、市販のものでもおしゃれな風呂敷を選んだり
ハンカチなどを使うことで、これだけ普通におしゃれに見えるというモデルさん役です。

その後、一番レジ袋をもらうであろう、
夕食の買い物、お昼のランチの時に使える包み方を一緒にしながら
本物のスーパーのかごを使ってデモンストレーションしました。

講演と実技が始まり、風呂敷をお持ちではない方に
市の職員さんがハンカチや風呂敷を貸出されました。

ふと一番ステージに近い席を見ると、市の助役さん?なのでしょうか
役職の高そうなご年配のスーツの紳士が10人ほどおられました。
なんと、その年配の紳士達もご自分のハンカチを出して、一緒にチャレンジ!

風呂敷の楽しさの伝染力ってすごいなぁ・・・

講演&実演終了後、会場外の展示スペースで質問タイムを設けていました。
2月29日が今月のボランティアの日でした♪

今回は、デイサービスセンター アスカさん。
毎度のことながら、迷いに迷って到着(^^;
(事前準備していくのに、毎度毎度迷うんだよなぁ・・・)

今年から、カラーセラピーをメニュー表に入れ
アスカさんはカラーセラピーを選択された施設の第一号になりました。

参加人数は約30人!
スタッフの方もたくさん参加して下さいました。

高齢者向けのカラーセラピーは初めてでしたので
カラーのお友達にもアドバイスをもらって
本も読み漁り、塗り絵にすることにしました。

カラーセラピーは、クレヨンを使って塗り塗りしながら
思いついたことを話したり、質問したり、聞いたりしているうちに
自分の心に気づいたり、心がスッキリするものです。

生まれて初めてという塗り絵に、はじめは戸惑っておられたのですが
本当にびっくりするほど、熱中して夢中になって塗り絵を楽しまれていました。

楽しい話を期待し、絵のテーマの一つを「初恋」にしましたが
戦争で初恋なんてなかった。。。という方も多かったです。
かとおもえば、「今してるよ~」とにんまり顔のおじいちゃんがいたり。

5つほどのグループで、それぞれにスタッフさんがついてくださっていました。
どのテーブルのスタッフさんも、ご自分が楽しんで塗っておられ(利用者さん以上?!)
いろんな話に花が咲いていて、会場はわいわい・がやがやと
楽しい雰囲気に包まれていました。
話し方講座のちゅーちゅークラスが2月末に終了しました。

話し方講座の最後はプライベートレッスンになっていて
それぞれが、自分の課題となるシーンや目標を先生に伝えておき
先生はその回答に加え
それぞれの生徒さん自身も気づいていない課題の解決法を提案してくださっています。
だから、毎回プライベートレッスンは少しずつ違う内容になります。

プライベートレッスンとはいえ、基本的に他の方も見学可能。
(もちろん、見学不可を希望された方の時は、見学できません)
今回は、みなさん見学OKだったので
全員でそれぞれのプライベートレッスンを見学しあいました。

みんなが希望した内容から、先生が今回あるセッションをして下さいました。
その結果、私は話すときに、相手の的が大きくなってしまう傾向にあると知りました。

やっぱり誰でも、その方の胸という的一点に向って話すわけですが
私は、どうもその「胸」の範囲が大きく感じました。
私の的は、1mくらいある。。。とセッション中に実感(^^;

課題はわかって、その対処法も教えていただいたんだけど
やっぱりうまく話しかけられていない。。。

他にも課題が多いのだが。

話し方講座では、みんなの話し方が本当に好印象になっていくのを体感するのも楽しい^^
これは、他の生徒さんも同じだと思います。

ある生徒さんが、本人もびっくりするような声が出るようになっていて
先生もすごく喜んでおられました。
他の生徒さんも、その方の第一声だけで驚くほどの好印象な声になっておられて。

みんなを見ていたら私も、きっと意識していたら、すこーしずつでも
上手になっていけるだろうと信じているのです♪
今年最大のお仕事が終わりました。
確定申告です!

今年こそ。

と、青色申告を心に誓ってから、頑張りました^^

うれしいよぉ
頑張ったよ、私!

これだけは、自分で自分を褒めてあげたい!
えらかった!

青色申告をするには、「複式簿記」が必要です。
普通の確定申告は、白色申告と呼ばれ、
おこずかい帳と同じ形式でいいものです。

ちょっと、随分、かなり、大変。

でも、65万控除になるので、随分オトク♪
それ以外にも、いろんな特典があると、今回先生より教えていただけました。
お国は、頑張ったご褒美も用意してくれているんですね~

同じ個人事業主(本当に一人でしている人)ならば
チャレンジしてみる価値ありですよ♪
福岡の香椎で続けてきたラッピングのクラス。
ついに、3月からラッピングコーディネーターのプロ養成講座が始まります。

この講座は、講師資格を持っていたり、目指している方が
本当にラッピングのお仕事に従事できるようになるための学びを
実践を通して学んできます。

ラッピングの資格だけでは仕事はできません。
むしろ、今でも第一線で活動されている第一人者たちは
資格をお持ちではない方も多いものです。

主に3つの内容が含まれています。

1つめは、教育実習のように、生徒さんに教えていく学びを実践して
実際に生徒さんに教えていただきます。

生徒さんに「伝える」ために考える経験、
そしてそこで得られる感動が得られます。


2つめはパーソナルカラー診断。
似合う色を診断して、講師としてどう装えばよいかを
その方に最も似合う色や、洋服のデザイン、メイク、ヘアなどをご提案します。


3つめは、ビジネスツール作りと、体験レッスン実践。
名刺や案内の作り方、企画のたて方、企画書の作り方
広報の仕方などを、本当の体験レッスンを計画実践していく中で学びます。

同時に営業先での提案など、実際の現場の模擬練習もします。

このように、ラッピングのお仕事を
本当にやっていきたい方向けの講座となっており
ラッピングの資格以外で
ラッピングのお仕事をしていくために必要な部分を学びます。

また新しいチャレンジです。
もっともっと仲間が増えていって、仲間だらけになるとうれしいなーと
野望を目論んでおります。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。