Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日、スカーフ協会より、認定講師試験の合格通知が届きました♪

よかった~^^

今後は風呂敷とスカーフ、両方を学べる講座と
スカーフだけのワークショップ、両方を開講していきます。

スカーフは風呂敷に近いだろうと思ってはじめましたが
学んでみると、むしろラッピングに近いといえるほど
細かいところに目を配り、シビアにしていかないといけないです。
でも、その分、できた時綺麗になるんですけど。。。

今のところはまだ資格取得時に学んだ内容を
少しずつお伝えしていく感じだけれど
徐々に、更なる使い勝手がいい方法や工夫を
熟成させていきたいと思います。

今期の風呂敷&スカーフ講座は3月から
スカーフレッスンです。
生徒さんも楽しみにされているし、私もわくわく♪

新規講座としては
4月からのえきまえカルチャーの風呂敷&スカーフ講座。
ひょっとしたら6月からの市民講座にも取り入れるかもしれません。

新たな展開の始まりの予感。。。

春がようやく起きて、やってくる準備の歯みがき中♪
スポンサーサイト
「わたしはあなたがすきです。」

この言葉を、書いてみる。



私はあなたが好きです。

私はあなたがすきです。

私はあなたがスキです。



好きとすきとスキと。
ちょっと、違う。

好き、は大人っぽい?
すき、は素直な感じかな?
スキ、はキュートな感じを演出?

東京に参りましたのは、東京ミッドタウンの策略にはまるためではなく(笑)
日本スカーフ協会の講師試験を受験するためでした。

久しぶりの「試験」で、緊張しました。

はじめは筆記試験。
これは講師として当然知っておくべき、スカーフの結び方や折り方、
講師としての心構え、またスカーフの種類や性質などを問うものでした。

記述問題は、なんとA4一枚に文章を書くようになっていて
とにかくどうにかこうにか、文字で埋めました。
ブログに感謝。

その後は実技試験。
一度に4人が試験会場に入ります。
2人一組で、相手に指定された結び方を施すという内容です。

目の前にはスカーフ教会の偉い方たちがずらっと7~8人並びます。
その姿に緊張。。。

そこで、話し方講座の先生より、ご伝授いただいた呼吸をしました。
それで、随分緊張がほぐれました。
先生に感謝。

基本と応用の結び方をそれぞれ5分間で、スカーフをたたむところからします。

応用の課題は特にですが、基本の課題でも
うまく帳尻が合わない(笑)ところがでてきて
パニックしそうでした~

とりあえず、無事終了。
今月末には結果がわかります。

どうなっているかなぁ・・・
虎屋のさくら展東京ミッドナイト作品展ツアー(別名帰れないツアー(^^;)
(ロートレック展月の写真展九州のデザイン展)の最後は
虎屋さんの「虎屋のさくら展」です。

東京ミッドナイト作品展ツアー:
以前、「寿ぎのかたち展」の時
ちょっとしたご縁がスタッフの方と芽生え
虎屋のさくら展 2直筆のご丁寧なお便りをいただきました。

その際、私の屋号と同じ「さくら」の作品展があり
これまたご縁を感じます。との言葉がありました。

それは是非行きたいけど。。。と思っていたら
これまた上京中。
虎屋のさくら展 4しかもロートレック展もあってるから
必ず東京ミッドタウンには行く日です。

最近、ただならぬご縁が続きます。
偶然は必然。
素直に従うが肝要。

虎屋のさくら展 3虎屋さんの作品展やコンセプトは
いつも洗練されているなぁと感じます。

虎屋さんの和菓子の木型
使い込んだ感があります。

木型にはそれぞれに名前があって
様々なさくらの種類にちなんだかたちがありました。

九州のブランドデザイン展 1東京ミッドナイトデザインハブでは
いろいろな新しいデザインの作品展があっています。
今回は行くつもりがなかったのですが
なんと、九州のブランドデザイン展
これに行かねば、私が乗る飛行機は
九州には上陸できまい。

九州のブランドデザイン展 5というわけで、いそいそと(^^;

これは運命のいたずらか
以前、イベントでお世話になった
小倉織-shimashima-さんが
一番入り口に近いトップバッターポジションに!
嬉しい偶然に、思わず自慢したくなる私。

九州のブランドデザイン展 6この直前に行った、サントリー美術館のアートショップにも
小倉織-shimashima-さんのレターセットが
あったこともあり、感激ひとしおでした。

なんでも、小倉ではすごく有名になっているそうで
なんだか、遠くの親戚に有名人が出たような嬉しさ。

九州のブランドデザイン展 4どうやら各県が誇るデザインを
それぞれに置いているらしいと踏みましたが
わが町長崎のものは見つけられず。。。
何で~?
本当はあったけど、私が見つけられなかっただけかなぁ・・・
ちょっと寂しかったです。

おしゃれなセロテープカッターが並ぶ板金屋さん?がありました。
どこで売っているのかなぁ。。。

いろいろな月ロートレック展の帰りに
自称、昔の天文少女が素通りできない看板発見。
東京ミッドタウンは、なかなか私を帰らせてくれない(笑)

FUJIフイルムスクエア東京ミッドタウンの入り口にあるんですが
そこで、月の写真展がありました

昨年、地球を出発した月周回衛星「かぐや」から送られてくる
月の写真などがメインに展示されていました。

いろいろな月 2正直、月の写真なぞ、黒い背景にクレーターが
はっきり写っている感じの写真ばかりだろうと
思っておりましたが
同時展示してある、月の写真たちの色とその素晴しさに
ただただため息がでました。
大きく覆され、月と地球の距離感や、美しさ、神秘性にうっとり。。。

いろいろな月 4萌える銀杏の色、ラベンダー、蒼。。。
月と色のランデヴーに、ため息だけがでました。

写真は、月と一緒に写真を撮ろう!と銘打って
1m近くの月の写真が展示されていた場所。
小さな子が喜んで撮影してました^^

いろいろな月 3たまたま特別講師の月のお話トークショーの最中でした。

事前申し込みのイベントだったようですが、空席があり
時間があれば、お話を聞きたかったのですけれど
あと2つ、見たい展示会があったので断念。

まだまだ、東京ミッドタウンはそれを許しません。。。
ロートレック展ロートレックが昔から大好きです。

東京ミッドタウンサントリー美術館
3月9日まで開催のロートレック展に行ってきました。

「六本木ムーランルージュ」というコピーが素敵♪

前回の「鳥獣戯画がやってきた!」は、どうなの?そのセンス。。。と思ったけど(笑)

たくさん原寸大ポスターがありました。
当たり前だけど、大きい!
カラー印刷とはいえ、版画ですし、4色印刷程度。
赤となれば、べったり赤が画面全体に広がるので
迫力があります。

自分がロートレックの何に惹かれるのか
おしゃれなレトロな感じなのか?とわからなかったけれど
今回、ポスターを見て、惹かれる理由がわかりました。

当時のムーランルージュやポスターに描かれた人物達のビデオ上映もあり
とてもよかったです。

当時、日本の浮世絵から影響を受けた西洋の画家は多かったといいますが
今回の作品展では、どの絵がどの浮世絵に影響を受けているか?という
面白いアプローチの展示がありました。
本当~?と思いつつも、興味深かったです。

今回はじめてイヤホンガイドなるものをお借りしました。
他の美術展では必要性にかられませんでしたので。
借りてよかったです~
文字を読むより、わかりやすかったし
人気女優の歌声を聞け、文字として書いていない内容も聞けました。

図録が初めてあったので、迷わず購入。
ロートレックの本は外国版の本しか持っていないので、嬉しかった~
メジャーな画家の中では彼は意外とマイナーな存在で
グッズがあまり売ってないんですよね。。。。

ところで、ロートレック展には15年間で3回しか行ったことがありません。
意外と行ける所ではめったにないような気がします。
たまたま在京中だったから行けたけど。。。

今回が一番いい様に思いました。
アートに関する興味の深さの問題かな?

3月9日までです。
モンマルトルの、文字通りらんちき騒ぎをご覧行かれませんか?

ところで、ロートレックって何さ?
これだけは長崎に住むものとして「恥ずかしい」と思っていたのが
図書館がないこと。

あ。
いえ・・・、ありはするんですが。

宮崎で高校の教員をしている友達が遊びにきた時のこと。
長崎港と長崎の街を見せるため、立山公園に登った後
何気に長崎県立図書館に、立ち寄ったら、曰く。

・・・これが図書
図書じゃないの?
うちの高校の図書室の方が立派だよ。
(しつこいようだが、県立に連れて行った。)

ぐうの音もでない、長崎市民がそこにいた。。。
それまで、長崎の素晴しさを、こと細かく褒め称えていたのに・・・

んなことは、言われなくても知っているのである。

宮崎の市立図書館は、それはそれはリッパである。
素晴しい。
綺麗だし、大きいし、本が一杯あるし。
これが市立なら県立はどうなるんだ。。。
教育に力を入れている県とは、こういうものだ。と
まざまざと見せ付けられた。
ちなみに、長崎市立図書館は、あってなきが如しだった。

でも、私がエジプトでツタンカーメンと戯れている間に
長崎市立図書館ができたんですの♪

やっと、行けました。
写真撮影はダメだって言われ、画像ナシですが。。。

素晴しい!
2月7日より、長崎ランタンフェスティバルがはじまっています^^

地元の人間は、ちょっと冷めてみちゃう
ちょうちん祭り、いえいえ、ランフェスですが(笑)
実際行って見ると、さすがに美しくて幻想的です。

あらためていうことでもないですが
ランタンとは、提灯のことで
ランタンフェスティバルは中国の旧正月を祝うお祭りです。

実は、長崎の地元の人で、ランフェスに行ったことがない。
街を歩いていたら、たまたまランフェスの行列にはまった。とか
提灯が並んでいるのにでくわした。
という人は非常に多かったりします。

なにはともあれ。

私のお奨めは、みなと公園などのメイン会場ではなく
各地にちらばる、中国寺に夜8時ごろ行く事です。
夜、ひっそりと灯るランタン、お寺ならではの静寂さ。
でも、中国寺なので、独特の雰囲気があります。

歩いて回れる地域限定の祭りですから
てくてくさるいて(歩いて)、幻想的な様子に魅了されちゃってください^^

間違っても車できちゃダメですよ~
車を止めるところを探して渋滞にあっているうちに
ランタンの点灯時間が終わっちゃいます。

是非、長崎市電に乗って回ってくださいね♪
あ、ついでに、電車の中で、小銭への両替もして見てくださいね^^
福岡での特別ワークショップ・風呂敷講座12月7日は、福岡の天神で特別ワークショップの日でした。

ブログでいつも親しくしていただいている
whiteさん一個さんにお声をおかけして
開催させていただくことになったんです。

ブログではお互いのことをよく知っているけれど
福岡での特別ワークショップ・風呂敷講座4実世界では初めてという、不思議な出会いでした。
一個さんとお会いするのは二度目でしたが
whiteさんとは初めてでした。

whiteさんは、お友達など親しい方を
一個さんは自身が副店長を勤められる
福岡での特別ワークショップ・風呂敷講座2アクセサリーショップ・アジアンブルーさん店長さん
ご一緒して下さいました。

他にも、カラリストのお友達や
ラッピングの生徒さんも来て下さいました。

第一部はフロシキスタイルレッスン。
福岡での特別ワークショップ・風呂敷講座3いつも風呂敷講座は、私のお話を聞いてくださらなくなるのですが
今回は定員7名だったので、大丈夫だろうと思っていたら
やはり(笑)
みなさん、大盛り上がりでした。

特に瓶をひな人形のように包んだ時は圧巻!
さすがにブログをお持ちの方ばかりだけあって
写真撮影会になりました。
並ぶとかわいい!

第二部はカラーセラピーでした。
久しぶり(●十年ぶり?)のクレヨンに
はじめは戸惑っておられたようでしたが
時間が経つにつれて
集中して楽しんで描いて・塗っておられました。

皆さん、感受性がそれぞれに個性際立ち
お互いの感じ方の違いや、ご自分の感じ方
いろんな思いをお話くださいました。

カラーセラピーの時にはいつも
それぞれの感じ方、個性がとても興味深く
素晴しい素敵な感性をそれぞれにお持ちだなと感じます。
生粋の長崎産の私ですけれど
4年間だけ、今話題の宮崎に住んでいたことがあります。
だから、宮崎は私の第二のふるさとでして
今でも宮崎人と話すと、止められない宮崎弁が炸裂します。

話がそれました。←いつもんこっちゃわ~(宮崎弁です^^ 訳:いつもですが。)

宮崎は、本当に田舎な町です。
宮崎市内中心部から車で15分も走れば
すぐに住所に田舎の証とされる「字(あざ、と読みます)」どころか
「大字(おおあざ)」がついてしまいます。

大字が本当に田舎の証かどうかはさておき。
また、信号の点滅を「ぱかぱか」というかどうかが
宮崎人検査になりえるということも、さておき(笑)

宮崎は本当に田舎でしたけれど
それでも全国チェーンや九州の有名店がありました。
今はなき寿屋とか、ファミレスのJoyfulとか。

同じ県外から来ている友達同士が
地元のチェーン店の話をしている時
私はそんな店しらない。。。ってことがよくありました。

ここで、初めて気づきました。
長崎には、他県には当たり前にある
大きな企業が出資するチェーン店がないことに。

よくわからないけれど、県が意思を持って
出店を許可していなかったのではないか?
と思わずにはいれませんでした。

ニチリウ永瀬さんの展示会2008でのこと。

青山リボンさんと東京リボンさんは
国内リボンメーカーの2大メーカーです。

下の写真にあるように、リボンの青山さんの
デモンストレーションを私が担当させていただきました。

ニチリウ永瀬さん展示会2008 その2
私が提案した青山さんのテーマは
「2008春夏トレンドカラーとトレンドラッピング」

次の東京リボンのデモンストレーションのテーマに私は驚きました。
「カラーコーディネートマジック」

PCCSの色相環を使って、配色理論を用いての
デモンストレーションでした。

両方ともが、カラーをメインテーマにした
デモンストレーションだったんです。

昨年は両方とも色、を前面に出したテーマではありませんでした。
それが今年は、共に色を強く意識したテーマなんて
本当に色彩を無視できない、また注目される時代が来たんだと感じました。

うん。
やりやすくなったな。と安心しました。
もっと色を前面に意識させ、喚起させる内容にしてもよいということです。

メーカーを越えて、もっともっと、わかりやすくて喜ばれる色の楽しさを、共に
お花やラッピングで伝えてもらえるようになるとすばらしいと思います。

ニチリウ永瀬さん展示会2008 その11月23,24日に福岡のマリンメッセで開催された
ニチリウ永瀬さんの展示会に行ってまいりました。
(会場全体の写真は全て、開場前の様子です。)

昨年は「ニチリュウ」さんと表記してしまいましたが
正しくは「ニチリウ」永瀬さんです。
この表記センス、結構好きだったりします♪

今回から、リボンの青山さんのデモンストレーターとして参ります。
ニチリウ永瀬さん展示会2008 その6
朝早くから雨が降っていて、すごく寒かったのに
さすが、大きな総合花材店のニチリュウさんだけあって
会場にはたくさんの人がおいででした。

デモンストレーションのブースにも
あらかじめ用意された椅子を
ニチリウ永瀬さん展示会2008 その2はるかに越えた人数の方が集まってきてくださいました。

私はカラリストのデモンストレーターですから
カラーを前面に出そうと心がけております。

今回、私が提案した
青山さんのデモンストレーションテーマは
「2008春夏トレンドカラーとトレンドラッピング」
えきまえカルチャーセンターの1月期が
1月16日よりはじまりました。
前期から引き続きの方も、新しい方もお迎えして
また楽しい3ヶ月が始まります。

今期は新しくスカーフを取り入れた講座があります。

新しいことにチャレンジするのはドキドキだけれど
できるだけわかりやすく、そして
その楽しさを伝えたいと思います。
marurunnさんと東京でお会いしました。
風呂敷とカラーセラピーを受けて下さいました^^

marurunnさんは、アメリカのグループのラッピングや
カラーセラピーを長年学ばれています。

お住まいの場所からは
随分と離れたところのようでしたけれど
その後もお食事してたくさんラッピングのお話をしたりして
楽しい夜を過ごす事が出来ました^^

東京での講座ってだけで、田舎者の私はドキドキでしたけれど
頑張って見てよかったなーと思います。
何事も経験、経験。
今年最初のお仕事は
(やっと今年に戻ってきました(^^;)
カラー&ラッピングコーディネーター講座です。
新しく初級クラスが土曜日クラスとしてはじまりました。

アトリエでの講座は定員を4名としています。
少人数で、だらりんこ~と楽しく学んでいます。

もちろん、いつもの癖チェックもできちゃうのが少人数のよさ。
みなさんがそれぞれに手や身体の動きに癖があります。
それを見つけ出し、癖を生かしてどう動けば
スムーズに道具が使え、綺麗に仕上がるかを
必ずアドバイスしていきます。

これは結構好評だったりします。
なかなか自分の動きの癖に気づかないものなんですよね。

えきまえカルチャーにも通ってくださっている生徒さんが
このクラスにも入って下さいました。
彼女はムードメーカーさんなので、世代を超えて楽しく学ばれてます^^

この講座はラッピング協会のコーディネーター試験対策講座。
はじめは受けるお気持ちがなかった皆さんでしたが
少しずつチャレンジしようかな・・・という気持ちになってこられているようです。

初回は指定した用紙とリボンで包みます。
毎回、後半はカラーを学ぶ時間となり、
カラーの講座が進むにつれて、ご自分で用紙とリボンを
お選びいただくようになってきます。
すると、ますます包むことが楽しくなって来られるようです。
次回から選んでいただこう♪と目論んでおります^^

このクラスは更に上級のクラスまで希望されている方がおいでですので
次の新規クラスは平日になります。
希望があり次第開講しますので、興味がある方は
お気軽にご相談くださいね~
久しぶりのボランティアです!
毎年12月は活動をお休みさせていただいてるんです。
無理しない。これがポリシーです♪

14回目の活動先、今年初めて訪れる場所は
プライエム横尾さんという、長崎市内から時津町に抜ける裏道から行ける
長崎らしい小高い丘(山・・・かもしれない。。)の上にある
綺麗で大きな施設でした。

とっても話し方が優しく柔和な男性スタッフさんがご担当。
ご希望内容は、はし袋です。
6人程度の方がご参加くださいました。
90代の方がたくさんおいでで、しかもすごく元気!
いままでで最高齢グループかもしれません。

始める前から私の前髪が長いことで話が大盛り上がり♪

前髪を上げたらもっと美人に見えるわよ~
いやぁ、年配の方の世代の方にはもてるんですけどね~
同世代には、あまり振り向いてもらえないんですよ~

スタッフさんの「はいはい、はじめましょう~」の声があるまで
ずーっとお話してしまいそうな勢いでした(^^;

はし袋を2種ほど作った後、ほかのもしたい!とのご要望に沿って
はし置きを作ったりしました。

はじめのテンションはそのまま持続し続け
なんだかとっても仲良くお話が出来ました。
あまりの盛り上がりに「ひょっとして知り合い?」と言われる程でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。