Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
母の日ラッピング2007母の日のプレゼントはもう御用意されましたか?
そのプレゼント、ご自分でラッピングしませんか?

浜の町アーケードにある
ふり袖shop る がくやJapan」にて
5月3~6日(10:30~20:00)
ラッピングレッスンイベント
を開催してます。
材料費も受講料も無料^^

お持ちいただいたプレゼントを使ってラッピングのレッスンが受けられます。
上手にできたら、そのままプレゼントされてくださいね^^
お持ちじゃない方も、がくやさんが御用意されてますので御安心を♪

予約なしでも随時受けられますが、御予約されれば確実に受けられます^^

母の日のプレゼントじゃなくても、レッスンは受けられますので
長崎市浜の町アーケードにおいでならば、ついでにちょいと寄って見てくださいね♪
スポンサーサイト
ラッピング協会の集中認定講座の時、本部の方が教えてくださったのですが
カルチャーの3種の神器がラッピング・カラー・フラワーなのだそうです。
これは、ラッピング協会として取材を受けた時に雑誌社の方が仰っていたとの事。
「へぇ」ボタンを押し捲り←古い。

この3つのうち、1つ、もしくは2つ
もしくは3つを取り入れてお仕事されている方が多いのだそうです。

やっぱり為になることを教えていただけるなぁと思いながら
ふと我に戻れば。。。

カラーとラッピングは確かになぁ・・・
私の中では直結しています。

でも、フラワーはやってないなぁと思ったら
先ごろから、フラワーのお仕事に向けて取り組み中でした。
それはラッピングの先生からお声をおかけいただいたから実現した事でした。
私の中では、まだまだそこまで至っておりません~と最初弱腰でした。
先生にお声をかけていただかなかったら
ずーーっとそう思っていたに違いないのは間違いない。

あぁ、ありがたいことだったなー
時代に残されていくところだったぜ。と、感謝したのでした。

でもフラワーの世界も奥が深いから、なかなか難しい。
少しずつ、ゆっくりとしか進めないけれど
まぁそこがいいところ♪ということで^^
東京ビジネスアイデアコンテスト2007
ふろしきdeパーティバッグコンテストがあるそうです。

新しいデザインが求められてきてますね。
風呂敷が、古い、従来からあるから・・・という考えの方は
すでに時代に取り残されています。

風呂敷って、ハード先行、ソフトの伝達が遅れていると思われがちですが
実は現代の風呂敷においては、ソフト先行、ハードが遅れていると感じます。
現実使える風呂敷がないんですよね。
だから、風呂敷コンテストがよく開催される。

デザイナーにとって、着物や風呂敷のように
立体的になれば形が変わりデザインも変化するものは
きっと面白いものであるだろうけど。。。

ある会合で風呂敷の話をしたら
あるデザイナーが風呂敷は古いといったそうな。
デザイナーは時代を読み続けていると思っていた私は、ちょっと驚きました。

チャレンジして見られませんか?
ふろしきなら、そんなに、こってなくてもいいですし^^
長崎新聞日曜版の保存用新聞「とっとって」の取材レポです。
5月末くらいの長崎新聞に掲載されます。

(ちなみに「とっとって」とは、
 「取っておいて下さい」「保存しておいて下さい」という意味です。)

取材コンセプトが、6月の個展「フロシキスタイル」とぴったり同じでしたので
フロシキスタイルで提案する風呂敷包み作品を御提示しました。

お奨め風呂敷包みの包み方が2点掲載されます。
その取材の時に使った風呂敷をそのまま、読者プレゼントされるそうです。

1枚は3巾105センチの茶色とこげ茶のコンビで、あるお店の提供品だそうです。
なかなか粋な和風という感じで素敵でした。

1枚は60センチ弱の若草色とグリーンのリバーシブル。
これは、さくらからプレゼントさせていただきました。
5月末頃の長崎新聞「とっとって」に掲載されます。

取材、緊張しました。
震えてました。
何度受けても緊張します。

アトリエでの取材でしたから、ちょっと中の様子がわかります。
私もしっかり激写されてます。。。うぅ。

あなたに魔法がかかっていたら、魔法が解けない事を祈るのみ。
長崎新聞の日曜版に入っている情報新聞「とっとって」の方が
風呂敷の取材でさくらにおいでになりました。

知的だけど、奥にある優しさと謙虚な姿勢が素敵なライターさんと
素直に・まっすぐに、取材写真に取り組んでおられるのが清清しい
若い女性カメラマンのお2人です。

できれば、お会いしたくなかった。。。

なぜなら。
これは、アトリエラペさんが、同じく「とっとって」の取材を受けられ
(4月22日号にも掲載されてます。)
その時に、私を御紹介下さったのがご縁。
しかし、ライターさんからの取材の御依頼のお電話によると。

ラペさんが、さくらさんは、すっごく素敵で素晴らしい人だから
一度絶対会ったほうがいいと、強く勧められました。

な、なんですと?!

そんがん人は、ここにはおらんばい!
(そんな人は、ここにはいませんよ)

誇大広告に御注意を。
JAROに訴えられても仕方ない。

会わなければ、ラペさんがかけてくれた
不思議な魔法にかかったままでいてくださったでしょうに。。。

そんなこと言われてたら、会った時、
本当に、本当に、ガックリすると思うんです。。。

全く悪気はないのですが、何だか悪い事しちゃったようで
非常に申し訳ない気持ちのまま、お2人を待ったのでした。。。
長崎に、今年も美人が揃う日がやってきました!
長崎帆船まつり2007が、26日から開催されます。

あぁ、長崎に住んでてよかった。つくづくそう思えるイベントです。
くんちもよかけど、帆船もよかばい^^
ついでに遠くに見える女神ば見ていかんばさね(女神大橋を見て帰らないとね)。

今年は当たり年!
美人船が揃っております。

日本の日本丸・海王丸はじめ、あこがれ、そしてロシアのパラダ号。
ロシアン美人のナイスバディも捨てがたいけれど
日本丸の奥ゆかしき美しさもまぶしい。。。

ところで。
毎年行くには行くんですけどね。。。
花火見て・ビール飲んで・帆船見ずに帰ることが多くていかんです。
あの人ごみを掻き分ける気がなかなかおきなくて。
でも今年は、行かなきゃね~ 美人揃ってるもんね~

美人を眺めに長崎港においでませ^^
秋篠宮家のご長男、悠仁(ひさひと)様の初節句が近づいてきました。
悠仁さまの初節句のお祝いの献上品のラッピングのご依頼をいただきました。
今までも、ずっと折々に天皇家にご献上なさっているそうです。

人生、何が起きるかわからんものである。
よもやこんな恐れ多い事に遭遇させていただくことがあろうとは。

賛否両論あることはさておいて
悠仁さまは、ひょっとしてひょっとしたら
次の次の天皇陛下におなりになるかもしれない方です。

いろいろと考えあぐねましたが
結論としては、今まで通りの最上級の格式の包装である
奉書紙に水引が一番ふさわしいとお返事いたしました。
つまり、ラッピングを今まで通りとし、変えないということです。

どうしても、どうしても、プロとしてこの結論しか出せませんでした。
かわいらしく何かを施したいご依頼主のお気持ちは、痛いほどにわかります。
まだ小さな宮様ですから。。。
それだけに、つらくせつないお返事となりました。

佳子さま、眞子さまの贈り物であれば、形式にこだわらず
いろいろ楽しくかわいらしく、でも格式持ったものにすることがよいかと思います。

来年、私がお手伝いする事ができるならば、嬉しいものです。
講座で「○○cm位折ってください」「○○cmのところにあわせます」など
目算をしていただくことはとても多い。
だいたい真ん中、というのもこれに当たる。

色彩検定を受検される方は、カラーカードを見て、どのトーンのどの番号か、
つまり色彩番号を的確に答えられるまで特訓する必要があるが
ラッピングをする人には、この目算、つまり、目ものさしが必要になる。

私は、気付くとそれが大体何cmかわかるようになっているし
見た感じで、その箱がその紙で包めるかわかる。
このものさし、気分に左右されやすいのが玉にキズだけれど(笑)
恐ろしいほど当たる事がある。

一般の方にはここまでは必要ないけれど
これがある程度できたら生活が便利になるような気がします。
私、インテリアショップでも、メジャーなしでなんとなく、計れることが多いから。

ラッピングのレッスンしていたら、結構これが難しいことであると痛感する。
結構、一般的に多めに目算することが多いように思います。
それを知っているだけでも違う気がする。

5cmのところで折ってください、と言っても
現実、折ってくださる大きさは6cm~13cm程度が多いのです。
たまに5cm折れる人がおいでで、その方は無意識のうちに目ものさしをお持ちの方です。

自分はどうかな?と思った方は、身近な紙を5cm折ってみてください。
その後、計ってみてください^^
あなたの心の5cmがわかります。

2cm、3cmも難しいみたい。
時間がおありの時、チャレンジしてみてください♪

いろんな障害を乗り越え、今年の個展「フロシキスタイル」の詳細が決まりました。

フロシキスタイル・1(入場料無料)
 長崎九電イリスビル5Fにある、やすひクリニックの横
 わいわいプラザにて6月中開催します。

 こちらでは、新しいおしゃれなフロシキの使い方を
 ご提案したいと考えています。

フロシキスタイル・2(入場料無料)
 月の美術館にて、6月8日~11日開催

 こちらでは、古い民家を使った美術館という雰囲気そのままに
 従来の風呂敷を主に使って、風呂敷包みの楽しい世界を
 お伝えしたいと思っています。
 期間中は、以下のレッスンイベントを予定しています。

フロシキスタイル体験レッスン(参加費:500円)
 月の美術館にて、6月10日開催
 
 ワンコイン500円でお気軽にご参加いただける、フロシキ体験レッスンです。
 フロシキスタイルでご紹介した風呂敷包みを中心に
 いろんな包み方に楽しく親しんでいただきたいと考えています。

フロシキスタイルレッスン(受講料2500円)
 さくらにて6月2日、21日 ①13:00~15:00 ②15:30~17:30
 各回同じ内容となりますので、ご都合のよいときをご予約ください。
 
 フロシキスタイルでご提案した、新しいフロシキの使い方や考え方
 ライフスタイルにどう取り込んでいくのかを
 風呂敷包みを学びながらレクチャーいたします。
 4人までの少人数制ですので、ゆっくりのんびり学べます。

現在決まっているのは上記となりますが
今後、更にイベントが増えていくかもしれません。
北欧モダンデザイン&クラフト展1先日、長崎県美術館に
北欧モダンデザイン&クラフト展を見に行ってきました。

人気の北欧家具の作品展が県の美術館であるなんて
長崎は本当に生まれ変わったように素敵な街になりました♪

北欧デザインのモダンなデザインは大好き♪
あまりインテリアに詳しくはないけれど
まさに機能美という言葉がぴったりだといつも思います。
北欧モダンデザイン&クラフト展2
飾らなくても、そこにあるだけでインテリアになる。
掃除苦手人には、こんなに素晴らしい事はありません~

さらに、木が基調というところがイイ!
それなのに、野暮ったさがなく、むしろ洗練されたシンプルなライン。
北欧モダンデザイン&クラフト展3ジャパニーズモダンに通じるような、あのシンプルでいて
はっとさせられるデザインには
いつも、参った!降参!です。

期待大で、妄想爆裂状態で、まだかまだかと開催を待っていました。

4月のボランティア活動は大浦天主堂のふもとに近い場所にある
「ぽーれぽーれ」さんという小さな施設。

こちらは小さな施設なので、ご利用者がそう多くなく
(私ができる内容が女性向けってこともあって・・・)
打ち合わせでいろいろご相談した結果、ポチ袋を作ろうということになりました。

中に入ると、おばあちゃん達がテーブルに囲んで座り
「ほらほら、こいはこたつやっけん、足ば伸ばして入らんね」といってくださって
(これはこたつだから、足を伸ばして入りなさい)
本当におばあちゃんちに遊びに行ったような雰囲気。

当然、緊張はすっ飛びますわね(笑)

こたつを囲んで、みんなに手が届く距離で、ポチ袋を折りました。
ご用意くださった桜柄の千代紙が、かわいらしかったのですごくかわいくできました。
ハートの形を切り取って入れたら、すごくみなさん喜んでくださって
「今度福岡の娘の家に行った時に、これを作って持って行くね~」
「これなら、筆を握らんでも、やる人を区別できるね~」

にこにこ^^

選挙演説2一長さんのニュースが流れるたび
悲しくて、涙がでそうになります。

市長の亡骸を乗せた車が長崎市役所を前にした時
たくさんの市役所員と市民が見送りました。
たまたま主人もその時、市役所にいて
ご一緒できたようです。
選挙演説1
それでも、今日は控えめな選挙演説があっていました。

私達は乗り越えて前に進まなければいけない。

一長さんの長崎を・平和を愛する心を
未来につなげるために。

ご冥福をお祈りします。
長崎市長の伊藤一長さんが亡くなりました。
拳銃で撃たれて、です。

みんな市長のことを「伊藤市長」といわず
「いっちょうさん」と呼んでいました。
市民派できさくな方だったこともあって
「いっちょうさん」に親しんでいたんです。

許せません。
撃たれたニュースを見てから、うるうるしてしまって
たまらず、神様にお願いしていました。

いっちょうさんになってから
長崎はいい町になったと思っています。
だから、いっちょうさんのこと、好きでした。

ありがとうございました。
安らかにお休みください。

あなたの魂はいつまでも、長崎にあります。
SakuraBOOM!にあるサイトカラーバックアップを更新しました。
mixi(ミクシー)なるものがございます。
私、ちょいと前から入っております。

mixi日記というのがありますが
面倒くさがりの私はこれをこのSakuraBLOGへのリンクにしてました。
このたび、再開することにしました。

お気づきの方は多いでしょうが、このBlogはリアルタイム日記ではございません。
mixiには、がんばって、もっとコアなこと書こう。と思っています。

mixiでも「さくら」で生息してます。
さくら ラッピング カラー 長崎 あたりでヒットするのではないかと思います^^
よかったらおいでませ♪
長崎市民向けの市民講座が決定しました。
長崎市三和町の川原公民館で「季節と色彩を贈るラッピング」を開講します。

この講座は、お奨めです!
だって、タダなんだもの(笑)

お奨めする理由はタダなだけではありません。
通常無料で受講できる講習会は、時間が短いことが多く内容も深く出来ませんが
この講座は全8回、すべて2時間、みっちりレッスンを受けられます。
(材料費が1回1050円必要です。)
毎月第1木曜。来年の1月のみ10日。

このような講座が開講できる機会は、そうそうありません。
公の講座で、税金が使われるからできることです。
使わな・ソンソン♪

内容も、色彩も季節も取り入れており、とても生活に密着した楽しい内容となっています。
ラッピングあり、風呂敷あり、手ぬぐいあり、ポチ袋あり。。。
このように、大変充実しています。
市民講座ということで、のんびり・ゆっくりとした内容としています。
楽しくラッピングに親しみたい方は、是非お申し込みください。

定員は20名です。
長崎市民が優先されるそうですが、定員に満たない場合は
市外にお住まいの方も受講できるそうです!

今日から申し込み受付開始。5月8日まで。
川原公民館:095-892-2477

さくらイチオシのお徳情報でした。
長崎市からバイパスで10分のところにある時津町で
5月13日、フリーマーケット「時津どっと混む」があります。

その会場内で、時津町オリジナル風呂敷イベントのひとつとして
とぎつ風お包み教室」を開講いたします。

この講座は、ちょっと大きめなサイズの時津町オリジナル風呂敷を
もっともっとご活用いただくための、実用レッスンとなっています。

エコバッグとしてのショルダー使い
トートバッグ
もち手ありバッグ
リュックサック
瓶包みなど

普段使いにお役立ちの包み方を学べます。

予約なしで飛び込み参加ができます。
10時~16時まで、各30分間1レッスンとなります。
定員は各回10名までですので、確実に受講されたい場合は
時津町商工会山口さんまでお問い合わせ下さい。

サイトの写真は、後日更新し、お知らせします。
この風呂敷は包んだ時、すごくおしゃれになりますので
是非その姿をご覧下さいませ。
カラーセラピストプロ養成講座全14講座のうち3回終了しました。
今は楽しくて仕方がないという状態です。

クレヨンを使って、何かを描き出したくて仕方がない。
絵を描きたい、とは違うところがポイント。
でも、現状は、講座の時にだけ。
ハマって描き続けることがわかっているからです。

何がそんなに楽しいのさ?とお感じになられていると思いますが。。。

先生が指定された色やテーマにそって
ひらめく色のクレヨンを、実際のクレヨンの中から探し出すのが楽しい。

色を見ているうちに、神が光臨してきて(笑)、「これだっ!」という色と再会する。
一度目は、心の中で会っているので、再会。

「神が光臨する」のは、ラッピングのときにもあることです。
どのリボンにしようか考えていたら、ラッピングの神様が光臨してきて
リボンの種類と形をささやいてくれる瞬間。
この神がなかなかきまぐれで、しょっちゅうは降りてくれないんだけど★

2007母の日2007年母の日バージョンにサイトカラー更新。
最近あまりのバタバタに
サイトの更新がかなり遅れていました。
いまだ撮影できていない写真も多く
お待ちくださっている方には
非常に申し訳なく思っています。

同時に、SakuraBOOM!もかなり更新しております。
準備していたイベント、レッスンが立て続けに発表できる段階まできました。

書ききれなくなってしまいましたので
6月以降、予告していた講座で、削除した講座について
気になる方はメールフォームからお問い合わせくださいませ。

今後は、さくら春のイベント情報をエントリーしていきます。
サイトに書けなかった情報も記載できるかも。。。

この春は、特に受講料無料!講座で、目玉講座がありますので
お見逃しなく!
ちょっと、長崎時事ネタです。いつになく、一気掲載。お許しください。

さくらは岡本太郎さんの「明日の神話」という絵を
長崎に持ってこようよという運動に賛同しています。
それは、以前ブログでエントリーしている理由からです。

今度市長選挙に出馬する方の中に、招致だけを公約とされている方がおいでです。
私はそのシーンをテレビを拝見し、確かに出馬することで脚光を浴び
「明日の神話」の存在、それを招致しようという動きがあることを
知らない方に知らしめるには効果的だったと思います。
実際、「市長選で『明日の神話』の招致活動があることを知った」方も多いでしょう。

実はこの「明日の神話」を招致したい団体が所属する県はほかにもあります。
例えば広島。
当然といえば当然です。

このように招致活動をしている県自体もいくつかある中で
さらにその県の中にも招致活動をしている団体が
それぞれ独立していくつかあります。
長崎県にもいくつかあるみたいです。

先の選挙での運動は、ほかで招致活動をされている団体への波紋もあったようです。
その波紋への対応が、大変なんだそうです。
そこで、この2者が関係がなく
それぞれ独立していることをお伝えしたいと思い
このエントリーとさせていただきます。

ちなみに、さくらはこの、、「明日の神話」を長崎へプロジェクトを応援する団体のひとつです。

以下は、「明日の神話」を長崎へプロジェクトのトップページの文言を
そのまま転写させていただきました。

「明日の神話」長崎誘致に関する政治活動に対する見解
岡本太郎「明日の神話」長崎誘致に ご支援下さる皆様へ
代   表 哲翁 昭邦
事務局長 藤丸 伸子

3月19日、長崎市市長選挙の立候補の届出がありました。
その中で、岡本太郎「明日の神話」を長崎へ誘致することを立候補の理由として掲げられている候補者がおられます。
これまでも、一貫してお伝えしてきましたように、当岡本太郎「明日の神話」長崎誘致連絡協議会はどの政党、候補者とも一切関係はありません。
ここまで、署名活動を推進してきましたのは、多くの同じ気持ちを持つ人たちの地道な草の根運動であり、政治の介入は、これまで運動をしてきた私たちの願いとは合致しませんし、署名にご協力下さった多くの方々のご意思に背くことであり、また、これまでの活動を否定することにもなります。
各方面からのさまざまな問い合わせにも同様の回答をしています。
長崎県、長崎市に署名を提出し、これから先も10万人になるまで署名活動を続けていこうという私たちの運動は変わっていません。
行政と反目しあうつもりはなく、話し合う場を持てるよう働きかけをしていきたいと願っています。
これから統一地方選挙が始まります。
きっと、岡本太郎「明日の神話」長崎誘致を掲げて選挙活動を展開する候補者がおられると思います。
しかし、私たちと全く関係ないことは明白ですので、誤解されることのないようお願いいたします。
これから、ますます活動の輪を大きくして、尚一層、粘り強く壁画誘致に向けて、頑張る所存です。
 どうぞ、これからも署名活動、賛同団体への加入のお願いにご協力下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。



で、私はどうなんだといいますと
一番上にあるように、「明日の神話」が長崎に来ればそれでいいのです。
単純・シンプル。

みんながそれぞれに属した団体の中で
自分が出来る効果的なことを、それぞれ十二分にやって
結果、あの絵が長崎に来ればそれでいいんじゃないかと思います。

じゃぁ、選挙はどうなんだといいますと、これまた単純・シンプル。
私の長崎ライフをもっと素敵にしてくれそうな人に、一票入れます。
とっても好きだったサイトがあった。見るたびにわくわく。
更新が楽しみで仕方なかったあの日。面白い!とレスをつけずにはいられなかった。

いつの間にか、時間に追われて、プライベートなわくわく感よりも
プロのハイセンスデザインを求める時があって、遠のいていて。

時が経って、もう一度訪ねた。
変わらず、楽しくて、面白い~とにんまり。

だけど以前のような、次を期待するわくわく感が、泉のように沸かない。

何故かなぁ・・・と考えた。
そのクオリティやコンセプトには、何のかげりも衰えもない。

私が、変わったから。なのですね。

感性や感じ方は変わっていく。
心変わりは、誰のせいでもなくて、変わり続けることが、いい部分だってある。

なんとなく
いつのまにか
何かを越えてしまった自分に気がついた。
2日目は、それぞれの地域のカルチャー教室で学ばれた方も入って
大人数での受験になりました。
まずは、筆記。筆記が早く済んだ方は実技の練習ができます。
試験開始前に、がんばれのハンドパワーを送り、試験開始。 

午後からは合否判定。
これはみんなの前で包んでいただいたものを、全部!一つ一つみんなの前に掲げながら
チェックしながら開いていきます。
これも覚悟しましょう~

合格発表後、生徒さんはやっと緊張から開放されます。
しかし、私はいよいよ緊張がピークに!
というのも、その後、アレンジレッスンがあり、この講師をさせていただくことになっていたからです。

よくわかっていなかった私は、一緒にアシスタントをされた先生が
すごくわかりやすく、使いやすい資料を作っておられたのをお借りしてレッスン。
緊張しましたが、なんとか終了。
レッスンしながら、うきうきし出している自分に気付き、心の中でため息まじりに
「あぁ、アンタって、本当にラッピングが好きね。。。」なんて思ったりして。

2007年4月7・8日、福岡でのラッピング協会の集中認定講座の
アシスタントに行って来ました。

私は講座のアシスタントははじめて。
デモンストレーションのアシスタントだって今年1月にデビューしたばかりです。
準備など、慣れないまま、あわわ・・・とついていくのに必死なうちに準備も済んで
生徒さん達がおいでになりました。

生徒さん達は緊張されています。
が、実は私も緊張していました(笑)
ふと、1年前は生徒として集中認定試験を受けていたなぁ~と思い出していたら
生徒さんのお一人が「どこかでお会いしましたよね?」とお声をかけて下さいました。

・・・そんなに福岡じゃ動いてないから、きっとこの方の勘違いだろう・・・

と思っていたら、1月のニチリュウさんの展示会の時
私が青山リボンさんのデモンストレーションの講師アシスタントをしているのを
ご覧下さったのだそうです。
(ここに私の認識の甘さが露見してますね(^^;)
デモンストレーションでしたのでお客様が多く、
私の方からはお一人お一人のお顔を見ることが出来なかったのでした。
その時の講習内容がよかったので、ラッピングの勉強がしたくなって今回受講されたとの事。
心の中で「でしょ・でしょ、私の先生、すごいよね!」と叫んでいた私(笑)

さて。
何だか最近福岡づいております、さくらです。
この週末も福岡に行っておりました。

ラッピング協会の集中・認定講座のアシスタントがメインでしたが
その前日はパーソナルカラーのお友達のところに行って
久しぶりに皆で集まって、時間を忘れてカラーのお仕事談義に花を咲かせました。

カラーのお友達との会合も楽しかったし、ラッピング協会の集中認定講座も楽しかった!
自分に「あんたも好きねぇ~」と言いたくなるくらい(^^;

まずはカラーのお友達との会合ですが
とっても素敵で、私達みんなの憧れであるカラリストさんのアトリエに集合。
すでにお仕事でされている方、アシスタント経験のある方
これからどう展開していこうか時期を見計らっている方、環境も状況もそれぞれです。
でも、みんな思いは同じで、どう伝えていこうか
どうやったらこの「想い」を「カラーの楽しさ」を伝えていけるかを模索しています。

始める時期がどうとか、仕事の量とか、立場とか、大した問題じゃない気がする。
自分がどうしたいのか、どんな風に考えていったらいいのか。
それが一番大切だと実感。

実はこのメンバーは同期じゃないから、卒業時期もバラバラだし、年齢もそう。
心を込めて作った資料を見せ合って、想いを大切にいただいて。
とっても素敵な時間でした。
スッキリした!とみんな笑顔。
勉強になる時間はお金で買えますが、さらに素敵と感じる時間なんて
なかなか得られません。
感謝・感謝。

ラッピング協会の集中認定講座については、また明日♪
本に関するポリシーって、きっと誰にも無意識にあると思う。

友達のご主人は本を読んだ時、気になったところや参考になったところに
マーカーで線を引くらしい。
そのページの端を折ったりもするそうだ。
だから、本は結構ぼろぼろ気味になる。
彼女はそれが「むきーっ!」らしい。
同感。

私も本に書き込みするのは抵抗がある。
それは本来の本だけに限らない。
例えば先生オリジナルの手作りテキストや手作りワークブックでもそうだ。
なんとなく、「汚せ」ないんですよね。
出来る限り、新品に近い状態で保存できれば理想的。

先生はそのままそのワークブックに記入するように
作って下さっているのはわかっているのだけれど
そのワークブックが出来るまでの課程が、なんとなく浮かんでしまって
「汚せ」なくなってしまう。

よくよく思えば。
友達のご主人にとって、本にラインマーカーを引いたりする行為は
大好きな作者とのコミュニケーションをはかるがの如き行為に感じる。
むしろ、好きな内容、参考になる本が真っ白なんてありえないらしい。
「書き込み」は、同感・感心・感歎の表れとなる。

いろいろあって面白い^^
あなたのブックポリシーはどうですか?
右横、プロフィールの下にある「Todays Comment」は
本当にブログを更新したとき、何かひと言思いついたら記載しています。

こんなところ、読んでいる人もおらんだろうーと思いつつ
履歴が残らない事もあって、書き逃げしている感覚。
ピンポンダッシュに近い(笑)

先日、一個さんとお会いした際、このTodays Commentのお話になった。

非常に意外な事ながら、これをご覧下さっている方がおいでなのですね(^^;
誰も見てないだろう~と思っているから、いつやめてもいいと思っていた位でした。

一瞬、掲載文を残すことを考えてみました。
・・・「ピンポンダッシュ」だから、やめました♪
家に戻ったら、お礼状が届いていました。
以前、カラーの体験講座を受講された方からでした。
その後、職場での取り組みに取り入れられ、雑誌に掲載されたそうです。

実はこの日はメールでも感動の涙の御礼状をいただいたのでした。

嫌な事って重なって、ほんっと、人をブルーにさせるけれど
いいことも重なっていくものなのですね。

嫌な事が重なる事が足し算だとしたら、いいことは掛け算状に倍増。

共に御礼をお伝えいただくほどのことはしていないので、非常に恐縮したのですが
感動してお便りを下さった心に、心から御礼を伝えたくなりました。

ありがとうに、ありがとう。

人は自分がやり遂げて「やったぜ!」と思ったことのどれほどまでを
人に感謝できるでしょうか。

人は誰かに感謝した時に、どれほどまで素直に相手に御礼を伝える事ができるでしょうか。

どっちも難しいですよね。
心が豊かじゃないと出来ません。

ありがとうに、ありがとう。

えきまえカルチャースクールで講座が始まりました。

カラーコーディネートの講座と、ラッピングの講座です。
新しい出会いがあって、楽しい♪

わくわくすることをやっていきたいなーと思って
今までとはちょっと違ったアイテムを、あちこちに散りばめてみました。
やっぱりみんな、カラーが好きですね^^
カラーって、心を躍らせるものですものね~

カラー講座では、クレヨンでスケッチブックに色を塗っていただいたり
カラーカードをたくさん使って、カード遊び♪
カルタみたいで楽しい!
どの色?どの色?この色?なんていいながら選んでいくのが楽しい。

ラッピング講座では、カラードレープ(色布)を使って、実際に色分けをしていただいたり
ペーパーとリボンを、組み合わせながら選んでいただいたり^^
これが、みなさん熱中して、時間を忘れちゃうんですよね~
時間を切ってしたくなかったので、マイペースで選んでいただくようにしています。
リボンは30本以上の中から選んでいただきましたから
選ぶ楽しい苦しみ。。。

迷います~と生徒さんは言われます。
うふふ♪
迷っていただくためにしているのです~
迷って悩んで、アレコレ考えて、そして何より、感じて。
感じることが大切。

楽しいばかりじゃ仕方ないので、考察も入れますが
楽しい気持ちが先立つから、心に残っているかしら~(^^;
アレンジの最終日。
遠い場所からこのブログによく遊びに来てくださる一個さんがおいで下さいました。

一個さんは、偶然このブログを発見してくださって
しかもご実家が近いということもわかり、偶然の必然性を痛感した出会いでした。

一個さんはとても若い美人さんでした。
年齢を伺ってびっくり・・・!見えません、その御歳に。。。
そして感性美人だと感じました。

例えば、看護婦さんが3人の患者さんに同じ注射を打つとしたら、3通りの打ち方がある。
声かけも違うし、触れ方、指し方、指し終わってからのケアも全部違うのだそうです。
小さい子、男女の違い、ご老人、病状。。。みんな違って当然なのだそうです。
そんなに看護婦さんって考えてくれているものなのですね。

医療は失敗したりすると、顕著にその弊害が見えます。
命に関することだから、大切。
そこまで顕著ではないとしても、ほかの仕事も全て、お客様の心に通じるものであるから
ほかの仕事でもやっぱり、いろんな要素を考えていかないといけないのは同じ。
お仕事に関する感じ方、考え方に共通するものを感じ、共感できて、元気をいただきました。
2007桜長崎でも桜が満開。
大きな声じゃ言えないが、花見に行けてません。。。

もう散った地域の皆様も、これからの皆様も
ちょいと遅れ気味ですが、なごり桜をお楽しみ下さいませ~

サイトカラー更新しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。