Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
togitu気付くともうすぐ11月です。
やっと記載できる時間が出来ましたので
早速、次のイベント情報をお知らせいたします。

11月12日(日)長崎県西彼杵郡時津町の
浦郷ウォーターフロントにて
産業まつりがあり、さくらの講座が無料で受けられます。

テーマは「エコラッピング」。
内容はラッピングと風呂敷の二本立て!
お配りする教材は自宅に帰ってからも復習♪できるように
気持ちだけ、たんまり^^ 
かわいいリボンやラッピンググッズや風呂敷が入っております。

無料なのですよ…!

いつもお手伝いいただく生徒さんにも、これはかなりお得。。。
自分が受けたい。と言われるほどです。

基本的に予約制なのですが、子どもからご年配の方まで
どなたでも楽しめる簡単お手軽内容になっています。
しかし、午前の部、午後の部、共に定員10名までになっております。
お申し込みはお早めに、時津町商工会山口さんTEL882-2240まで。
商工会、と言うと構えちゃうかもしれませんが
気さくで笑顔が優しい殿方ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

当日の見学は自由です。
見るだけでも楽しいですよ^^
キャンセル待ちも当日受け付けようと思っています。

他にも、たくさんの時津町のお店がお買い得な商品を並べ
かつ、いろんな楽しいイベントがあるようです。
ラッピングにこれだけの力を入れられるということは
他にも、きっと、もっともっと。
私もお祭りを楽しもうと思っております。

ご家族お誘い合わせの上
長崎市内からバイパスで10分の時津町においでませ~
(アトリエから15分で着くんです~近い!)
スポンサーサイト
恐ろしいほどに、息つく暇がなかった10月。
夜、明日の朝の予定が急に加わったり
朝から「今から」だったり
2.3日で完全仕上げの打ち合わせ必要な内容のご依頼があったり
数え切れないほどに。

ご縁はありがたく、立ち回りに無駄が多いのだと思うのですが。
確か、年内のお仕事は受けない事にして時間が出来たはずだったんですけど。。。

「今日まででこのバタバタは終わるから」「明日が過ぎれば、大丈夫だから」と
毎日話しつつ、それが1ヶ月間続き続けてしまったので
ついに主人に「今日まで嫁」とあだ名をつけられてしまいました。

やっと少し息ができるようになりました。
10月のお仕事の中で、ご報告できることはご報告します^^
長らくお留守にしまして、失礼しました。。。

実は右手の指全てを火傷してしまっていました。
2週間かかって、完治。

あつーくなっていたスプーンを握ってしまいました。
すぐに手放したので、大したことはなかったのですが。。。
指先だけでしたが、救急病院に行きました。
ゆっくりなら文字が打てたのですが、なかなか。。。

信じられない状態での火傷でした。
IHをお使いの方はご注意くださいませ。
マツヤ万年筆病院誰もが持っている持ち物ほど
こだわっていいものを買いなさいと
昔勤めていた会社の女性が
アドバイスして下さってました。
その方からご紹介されて
こちらで万年筆を独身時代に購入。

その頃から、ご主人と奥様は知識のない私にも優しくご助言くださっています。

使い方が荒いのでしょう、また万年筆が入院する事になりました。
もう2回目なんです。。。

この病院には北海道からも入院患筆が来るそうです。
数十年の長きに渡ってのお客様も多いようで
ホームドクターならぬ、ホーム万年筆ドクターです。

長崎市浜の町アーケードの浜屋デパートの電車通り側のすぐ近くにありますので
一度お訪ね下さい。
あなたの手に合うペンがきっと見つかります。
コラージュセラピー10月1日は、コラージュセラピーでした。
定員は4名。1時からと3時半からとの2回でした。
すぐに定員になってしまい
締め切ることになるほど期待大。
20代~80代までの幅広いお客様に
楽しんでいただけました。

コラージュセラピー5今回はセラピストさんの特別なご好意で実現。

コラージュセラピーは
ただ単に雑誌を切り抜いて
ご用意された洋紙に貼っていくだけ。

はじめは戸惑っておられた皆さんもやがて
コラージュセラピー3どっぷりとその楽しさにハマってしまわれました。

「お茶は何にされますか?」という私の声なんぞ
聞こえてやしない^^;
それだけ楽しんでいただけたということですから
他のお客様とセラピストさんと一緒ににんまり^^です。

先日、外国船歓迎レセプションでの風呂敷デモンストレーションボランティアの
打ち合わせに行ってまいりました。
(長すぎ。以下「おいでませボランティア」でいきます^^;)

通訳をしてくださる方ともお会いして、アレコレ決まってきました。
いよいよ~という感じです。
(ちなみに、このデモンストレーションを一般の方が見る事はできません。)

おいでませボランティアをお世話くださるのは
長崎国際観光船受け入れ委員会というところです。
やる気みなぎる知的美人さんがご担当。
やはり、日本人とだけ対応している方とは違って
本当にこころに伝わる歓迎を常に考えておられます。

私がかんたんで安価な簡易風呂敷でいいんじゃないですか~と言うと
「いえ。どうしても、本物の風呂敷でやりましょう。」
このような方、お一人お一人が国際観光都市・長崎を支えておられるのです。

長崎は日本全国で一番国際観光船が立ち寄る港なのだそうです。
国際観光船受け入れ都市の全国大会のとき、名だたる港がある中
長崎は名指しで国際観光船側の方からお褒めのお言葉をいただいたのだそうです。

私も微力ながら、がんばらねばねば。でございます。
先日、風呂敷レッスンをしてまいりました。
今までの風呂敷講習において、今までとは違った充実感を得ております。

お相手はプロでした。
風呂敷包みのレッスンの場合、いわゆる「たて結び」になる方が意外と多いので
まずは真結びからレッスン開始になります。
この真結びに時間がかかります。
一番基礎だけに、とっても時間をかけてレッスンしないといけないのです。

しかし、皆さんプロなので「結んでください」と言っただけで
するするっとできちゃいます。
それどころかこの時点で風呂敷包みの「すいか包み」を
無意識のうちにされているのです。

うーん。プロはさすが違う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。