Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
これぞおとなの清涼剤。
8月に先駆け、サイトカラー更新。
これぞ、おとなの清涼剤!

まわりにある、心を動かす色たち。

何気ない日常にある
わくわく感を大切にしていきたいものです。

20歳未満の方は、その日をじっくり待ちましょう^^
「こどもびーる」も随分増えましたが。
意外と、おいしい。。。

写真は東京・かっぱ橋のサンプル店のビールたち。
見ているだけで、ごくん。

過去のサイトカラーをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

そして、ビールのお供には。
スポンサーサイト
ギャラリー収納1私は昔のブログで(SakuraBlog以前)
「すき間は悪である。
 世界を滅ぼすかもしれないほどの悪である。
 1センチのすき間があれば本が入る。」
なんていう愚かなことをブログで書いていました。
今はその愚かさを反省していますが
それでも無駄な収納家具は、無駄。
そのことを思い出させてくれる空間が「ギャラリー収納」です。

ギャラリー収納2大阪の御堂会館付近をぶらぶらしていて発見。
本当に「ギャラリー」なのか「収納インテリアショップ」なのか
不明なまま、とりあえず入らせていただきました。

このテレビ台は幅が20センチしかありません。
極小住宅を工夫して使っていかなければならない私達は
その20センチが「広さ」にとても大切。

こちらの棚達は、ワインラックにもなるのだそうです。
ラッピング協会指導者エントリーが大変遅くなりました…

ラッピング協会の指導者クラスに
行って参りました。
大阪会場は御堂会館というところで
7月8.9日の2日間です。

大変勉強になりました。
行って良かったけど…

長崎より暑すぎです、大阪!!
Invitation Cardさくらでパーソナルカラー診断を受けていただいたり
カラーやラッピングのレッスンを受講いただいたり
ラッピングをご依頼いただいたらお渡ししている
ご招待カードがございます。

さくらへのご愛顧を賜ったのも、何かのご縁。

末永く何かしらの、ご縁を大切にできたらとの思いから
できたカードです。
私の手書きの部分があり、これが記載されていないと使えません。
お持ちの方は、ぜひご活用くださいませ。
詳細はサイトをご覧下さい。
9月にカラーセラピーイベントが決まりました。
サイトを更新しております。
red/1orange/2yellow/3green/4blue-green/5blue/6purple/7red-purple/8pink/9siro/0

浜の町アーケードの思案橋側に近いところにある
ふりそでshop「る・がくやjapan」にて
9月8・9・10日終日(10:30~20:00)
カラーセラピーイベントをいたします。
どなたでも無料でご参加いただけます。
時間のご指定などなく、お好きな時間にいつでも受けられます。
いろ・こころ・いろいろ
気軽に楽しめるイベントとなっています。
9月上旬は夏の疲れが出てしまう時期。
心と体の疲れを色彩で癒しましょう。
詳細はこちら
準備アミュプラザ長崎5Fバンケットルームにて
アミュと暮らすカルチャー教室Vol.6
「ふろしきで小粋なゆかた美人」
やってまいりました~
写真は準備段階の講習キットたちです。
参加者20人。
楽しい講習となりました。
絶好のロケーション・女神大橋が見えます。ここバンケットルームからは
長崎港はもちろん女神大橋までくっきり見えます。
絶好のロケーションの場所にあるのです。

この日は梅雨明けの晴天。
暑い中、みなさま定刻通りにお集まり下さいました。
ありがとうございました~

色とりどりの風呂敷。綺麗!色とりどりの風呂敷は
準備段階でもとっても綺麗でしたが
皆さんがテーブルの上で広げられたら
もっと綺麗でした!

まずは、真結びから。
ここはゆっくり時間をかけて。
今回の裏テーマは「歩いてさるく」
(ぶらぶら歩いてまわる)
Sakuras Color & Wrapping Photocard:Pink 10月のカレンダー10月のカレンダーカードができました。
今回は青がテーマカラーです。
無料配布中です。

今回は、写真がちょっとイマイチでした・・・。
写真がもっと上手にならなきゃ。と
つくづくに感じる出来でした。

カレンダーカードは思いのほか人気があり
置かせていただいているお店では、比較的早くなくなっていっています。
すでに8月のカレンダーの配布は終了しております。

ギャラリー喫茶アレンジ月の美術館エテルノ
アトリエラペる・がくやかみinふらっと/前田紙店そば処晴流
ほか、市内10箇所にあります。

または、さくらにおいでいただくか、受講いただいた方には差し上げています。
遠方でご希望の方は、メール下さいませ。
手作りの紙袋をつくりましょうサイトの更新しました。やっと時間ができました。

■夏休み親子・ペアレッスン
■8月の色彩体験レッスン「色の見え方の不思議」
■8月のラッピング体験レッスン「家にあるもので贈ろう」
■プロフィール
■お仕事履歴
色とりどり風呂敷 その1アミュのカルチャー講座で
教材として使用する風呂敷が届きました。

私も現物は見ていなくて
カタログで拝見しただけだったのですが
届いてびっくり。

色とりどり風呂敷 その2色とりどりで美しいのはもちろんですが
いい感じでくすんでいるんです。
日本の伝統色そのままだと普段使いには
発色が良すぎるだろうと思っていましたので
いい感じのグレイッシュ感が素敵な色の取り合わせでした。

この風呂敷は、受講される方が
お好きなものを選べるようになっていました。
終了後はもちろんお持ち帰りいただきます。
受講生の皆さんの喜ばれる顔が目に浮かぶようで
ちょっと「うふふ」な日でした。

風呂敷は長崎市浜の町アーケードにある
る・がくや」さんにお世話になりました。

パラドクスのメンバーの一人であるイワハシさんから
ご紹介いただいた奥勝浩さんのコラボ展を見に行きました。

福岡での作品展なので無理だと思っていたら
パーソナルカラーラッピングレッスンの会場となった
イル・ド・クルール」からほど近い場所でした。
博多駅に戻る途中になる位置関係。
地下鉄の赤坂駅からすぐ。

プロの写真家さんの作品を拝見するのは2回目。
名古屋の東松照明さんの作品展から3週間しか経っていません。
見せていただくことで、私の写真も見やすくなるとありがたいのですが~
もとい。

エレベーターを出たらすぐに目に入る透明な素材に印刷された写真たち。

う。
おしゃれだなぁ。。。
わくわくしつつ、私なんぞが足を運んでも場違いじゃないかしら?
なんて気が引けながらも、期待感倍増。ずんずん進む。

会場には写真が普通に並んでいる箇所と
天井から釣りおろしてある写真と、ビデオクリップの周りに布。

『シルク』

そんな言葉やイメージがまず浮かびました。
さて。

正直、私はこのお話を先生が受け入れてくださってから3ヶ月
緊張して、後悔して、夜もままならぬ日が続いていました。
松元先生は2000人以上をカラー診断されておられ、大変偉大な方だし
なんとご自身も受講されると言って下さって。
カラリストさんたちは「こだわり」を大切にされる方たちです。

プレッシャーの日々でした。。。

福岡に行くJR「かもめ」の中でぶつぶつと
「二度とこんな無茶はやめよう。身の丈にあった仕事をしていくべきだ」
なんてつぶやいて、泣きそうになっていたのでした(笑)

でも、終わってみると。

福岡・天神近くにある色彩感覚研究所「イル・ド・クルール」にて
カラリスト対象のパーソナルカラーラッピングレッスンを開講しました。

この講座は、私がこちらの卒業生ということから
主宰の松元先生のご好意で開講させていただくことができました。
松元先生には本当に心から感謝しております。

受講されたのは、すでにカラリストとして活躍されている方はもちろん
カラリストの最終試験を来週に備えてドキドキの卵さんたち。
大分・福岡・同郷・長崎県の諫早市・佐賀とあらゆるところから
はるばるおいでくださいました。
また、私も毎月通っている卒業生対象の「ブラッシュアップ講座」の
同級生さんも受講してくださり、私の緊張をほぐしてくださいました。

現在、県内の大型商業施設でのカルチャー教室の開講を計画中。
正式に決まりましたら、サイトとブログでお知らせします。

長崎市内を出て、というのも楽しいんじゃない?
なーんて、目論んでおるのでゴザイマス^^

乞うご期待。
ラペさん色彩レッスン1県庁坂・それも県庁の目の前にある
アトリエラペさんの
OPEN記念体験レッスンをしました。

ラッピングは「風呂敷レッスン」
色彩は「かんたん色あわせ」でした。

新しいペンキのにおいもすっかりとれて
真新しい壁においでのお客様も見とれて
つい「こんなに新しくて綺麗なところとは!」と
驚かれていました。
むふふ。そうなのです。

プレオープンの時よりも
スペースが広く感じるように、上手に空間を作られていて
面白い形のスペースであるこのアトリエを
オーナーさんが使いこなされてきているのを感じました。
世間は三連休です.....
1日だけのんびりさせていただきましたが・・・。

仕事してます(笑)

土曜は山口県からレッスンにおいでくださる
大変熱心な方とみっちりきっちりしっかりレッスン。
月に1度ほど通っていただき1日集中講座。
コーディネイター試験に向けて、コツと癖をチェック!
リボンの色を選んでいただいたり、プチアレンジをしたりと
楽しみながらのレッスンとなりました。

先週の木曜日からNHK長崎文化センターでの
カルチャー講座が始まりました。

今まで菓子組合や商工会議所、ラッピングショップスタッフ
そしてアトリエでの完全予約制個人レッスン、
つまりセミプロさんたちをお相手に
メインにお仕事してきましたので
カルチャー講座は初めての経験となります。

ちょっとドキドキしていましたが。
とても楽しかった~
京都・南座













夕暮れの南座。
2006.7懐紙暑中お見舞い申し上げます。

お暑うございますなぁ~

Sakuraサイトで
少しでも涼やかにお過ごしいただければと存じます。

というわけで暑中お見舞いバージョンに、サイトトップカラーリニュでございます。
携帯・赤携帯のメールが苦手。
パソコンなら一気に打てるのに
「あ」を打つのに「あいうえおあいうえおあ」で
やっと目的の「あ」に到達できるレベル。

それでも、最近の携帯は賢くて
「あ」を打てば「あります」「ありがとう」「暑い」など
過去に打った文字が履歴で出てきてくれる。

さ は あ

これで「さっきはありがとう」が出来上がったりする。
さしすせそ たちつてと か は・・・
この進度方でしか打てないことを思うと、非常に助かる。

電話を持ったまま、電話の相手に向って頭を下げる姿が
「これぞ日本人」と評されて、おかしく語られる。
不必要だけれど、彼には自然に出てくる必要な動作。

「ごめんね、ありがとう」と打ちたくて

ご 、 あ

で済むんだけど
「ごめんよー迷惑かけるけどありがとう!!」
そんな気持ちが、溢れるほどの時には
「ごめんね、ありがとう」と一文字一文字、大切に時間をかけて打つ。

不必要な大切さのため、「あいうえお」を何度も何度も巡りながら。
パラドクス1夕飯の時、主人が「具合でも悪いのか?」と心配してくれました。
原因は私が黙ったまま
返事もそぞろで夢うつつ状態だったからです。
体調が悪いわけではなく、むしろ興奮覚めやらぬ状態でした。

そう。
それは現代写真家ユニット「パラドクス」写真展での
興奮が残っていたから。

すごい。
それ以外の言葉が出てきませんでした。
CDケースに入った8枚の写真とそれぞれの紹介文が展示されています。

パラドクス3私は準備段階から「パラドクス」の大ファンです。
そのため、異常にテンションが高いエントリーに
なることをお許しくださいませ。

パラドクスは5人の個性溢れる前衛的な写真家たちが
更なる写真表現を求めて集まったユニットです。

「パラドクス」とは「一見矛盾または不合理だが、実は正しい説」なのだそうです。

パラドクス2このユニットのスタートを飾るのにふさわしいタペストリーが
「パラドクス」そのままに、黒・白で飾られていました。
アレンジでこんなに私にとってクールな作品展は初めてです。
感性を揺さぶられる写真が並びます。

パラドクスの魅力は
「品がいいおしゃれな感性」
「センスがいいのに、シンプルで着飾っていない」
「心地よい衝撃」

そして、うまく言葉にできないけれど
人それぞれに感じさせるものを変化させる力を感じます。
fotos aira 2006-1イワハシヨシカズさんの個展と
現代写真家集団「パラドクス」の作品展が
ギャラリー喫茶アレンジにて同時開催されています。
24日まで。

通りを歩く時にふと出会う、はっとさせられる瞬間。
魅せられて、そして、また歩き出す。
fotos aira 2006-2
そんな、ドキッとした一瞬の感動を
街を歩くと目に飛び込んでくる景色そのままに
並べられた写真たちから感じます。

この写真が特に好きでした。

魅せられた。
そんな言葉がぴったり。

ちょっとドキッとするうなじだったり
苦笑いだったり、驚きだったり
何気ない街角に偶然できたおしゃれな空間だったり

イワハシさんの写真はいつも
男性の感性ってこんな感じなのね・・・。と驚かされます。

男の遊び心と、少年の遊び心と、大人の常識と、おかしさと。
入り混じっていて、面白い。

イワハシさんは、同時開催の「パラドクス」の
5人のメンバーの一人でもあります。
こちらでは、また違った前衛的な写真。

「パラドクス」については、また明日。
セピアキー

デジカメの説明書を読んでもさっぱりわからないけれど
がんばって撮っています。

先日、写真がご趣味の方に機能の説明を大変丁寧にしていただきました。
使いこなすにはずいぶん時間が必要と思います、セピアだけはget。
簡単におしゃれに写してくれるのですね。
ただのキーボードも、こんな感じ。
ひと言でいうと、いろんな先生のレッスンに定期的に通ったら教えていただけるであろう
一般的なプチ応用の包み方をひと通りします。
具体的に知りたい方。
シモジマで買える「ラッピングレッスン1」の内容の一部を抜粋して学びます。

リボンアレンジはアートアカデミーとはやり方がずいぶん違いました。
同じ仕上がりでも、全体的に逆向き。
リボンアレンジ初級編。というところ。

ペーパーは不職布なし。
本当の紙製のものしか使いません。
リボンも表裏のあるリボンはありません。
ここまで紙であらゆることをしたことはありません。
ちょっと無理があるなぁと思うことはありましたが、いい経験になりました。
ボトル(ペットボトルで代用)もお皿(紙皿で代用)も包みます。
ラッピング協会の集中応用講座ラッピング協会の集中応用講座に行ってきました。
尾張名古屋まで^^;

さすがに福岡とは違ってたくさんの受講生でした。
コーディネイター12人程度
応用10人程度
講師になるコース25人程度。

そして、講師やアシスタントもすごく多かった!
私の応用のテーブルには(応用は全部で2テーブル)、1日目のアシスタントは3人。
1テーブルに7人の生徒だったことを思えば
2人に1人の先生がつくということですから驚きです。

私が教えていただいた先生は近藤ひとみ先生。
ディスプレイやお菓子のお店とのコラボイベントでご活躍されているそうです。
素敵で綺麗な女性でした。

とても言葉が綺麗で、MC系のお仕事をされたことがおありなのかな?と思うほどでした。
短く美しいセンテンスで、包む前にポイントを上手に話されるところが
とても勉強になりました。
特に変わった言葉や、飾った言葉は使われないのに
綺麗な印象のセンテンスとレクチャー内容が心に残ります。
どんな仕事をしている時も、言葉を発する機会全てにおいて
かくあるべきと実感しました。

センスもとても好き。
お休みの時間にお話したら、私と同じで左右非対称の仕上げがお好きとのこと。
応用の先生の作品を展示してあり、作品を撮影させていただきました。
残念ながらサイトはないとのことなので、公開したいけれど、残念。
名古屋にお住まいの方はテレビや雑誌などをチェックされたら
作品がご覧になれる機会があると思います。

次回に続く。
セントレア1最後に観光も兼ねてセントレア空港~♪
ところが滞在時間はわずかしかなくて。
お風呂に入りたかったのに、時間がなくて残念。

あまりの大きさ・綺麗さに口をあんぐり~
セントレアだけのために時間を作って来るべきですね。
空弁も買いたかったなぁ・・・。
どこを撮っても絵になる空港。
到着した長崎空港とのギャップに^^;

セントレア2
応用クラスで知り合った方と
ほんのわずかな時間のお茶で締めくくり。
ラッピングが好きなことがとても伝わってきて
前向きな姿勢が印象的でした。


西帰7時半発の飛行機だったのに
飛行機の窓から長い時間夕焼けが見えました。
西に向って走っている。
夕日が長崎を連れてきてくれました。

週末は大阪。
大阪はどんな空でしょうか。。。
パーソナルカラーのブラッシュアップ講座の3回目で
福岡にいっていました。
この講座ではプロ養成講座を履修後
さらにプロとして活躍している人達や
さらに今のパーソナルカラーの実情を知りたい方が集まります。
現場で活躍される皆さんのお話は大変勉強になります。

さて。

よくテレビのニュースで大雨や雪で
「公共機関が運休しています」といいますが
私はその言葉の意味がわかっていませんでした。

単純に、始発駅から出発していないので
利用者は駅で足止めされていると思っていたのです。
実際にテレビには駅の改札で、出発を待つ利用者の姿が映ります。

しかし、それは大きな勘違いでした。
愛知県美術館愛知県美術館。
ここで写真家の東松照明さんの写真展がありました。

が。

この美術館自体も素晴らしかった。

踊る人2チケットとこの機会をくださった
アレンジのマスターに感謝・感謝。

全館を通す吹き抜けにある、踊るような人のオブジェ。
美しいし、圧巻。
全体を写す事はできず、残念。


踊る人1常設展示物は名だたるアーティストの作品が並んでいたようです。(ピカソくらいしかわからなかった。。。)
「おおっ!」と思う絵があり、それだけでも十分なのに
これでもかと感性を揺さぶる近代アートが並びます。

地下にあるアートショップには、面白いものがたくさんありました。
普通の美術本はもちろん、ふろしきをヒントにつくられた
ビニールのバックなども興味深かったです。


愛知曼荼羅東松照明写真展「愛知曼荼羅」
全部モノクロの写真展でした。
優しいけれどまっすぐ
憧れにも思わせる視線を感じる写真たち。
昭和・戦後の写真が並び
ご本人出演のビデオもありました。

名古屋・長崎などに息づく、普通の庶民の生活する姿を写されています。

迫力と憧れ。
そんな言葉が濃縮されて。

2日目と3日目はラッピング協会の集中応用講座でした。
しにゃまき尾張名古屋に行って参りました。
名古屋といえば、青山リボンと紙の温度。
この二つははずせません^^

さて、航空券に書かれた名前。
あなた、誰ですか?(笑)
間違ってもいないことに気付き、苦笑い。

青山リボン
まずは青山リボンショールームでリボンを仕入れに。
やはり、色と素材を見比べていかないと納得して仕入れられません。
これがメインにもなりつつありました。

青山リボンはクールカラーラインナップです。
どちらかというとWinter気味。
それは青山がアメリカ・ヨーロッパの流れのリボンが多いから。
最近はくすみ感があるものもあります。
それぞれのメーカーのトーンがあり、意識していく事が
ラッピングに幅を持たせると思います。

紙の温度
ここに来たのは多分7.8年ぶりです。
その時の会員登録が残っていたのに驚きました。
ここは5時30までなんですよね。
時間が短くて残念でしたが、それでも十分楽しかった。
感動の連続でした。

もちろん、紙を仕入れたかったのですけれど、時間ぎれ。
それ以外の、インスピレーショングッズを購入。
以前は店員さんの印象がよかったのですけれど。

紙の温度で買った大きな紙の風呂敷包み。風呂敷を旅行の時は1枚持っていきます。
今回は紙を入れる筒も持っていったので
いらないかなと思いつつ、2枚もっていきました。
厚みがある紙を買いましたので、筒に入らず。。。
その2枚の風呂敷が大活躍。

やっぱり風呂敷って便利です。
12色から選べる風呂敷名古屋から帰ってきました。

長崎駅ビル・アミュプラザ長崎
カルチャー教室の詳細をup。
風呂敷を12色から選べます。
いろいろあって選ぶのに悩むのが楽しい^^

毎回あっという間に定員が埋まるらしいアミュのカルチャー教室。
お申し込みはアミュまで。
お急ぎ下さい。

メイク教室も同時募集しているようです。
楽しそうですね。
最近、サイトを見てくださった方から
私が自分でさくらサイトを作っているのか聞かれる事が多いです。

恐れ多いこと・・・。
お願いできれば、楽なんだけど・・・。

泣きながら、頑張って打ってます。
うぎゃぁ!!!と叫びながら、作ってます。

もちろん、ご自分でサイトをお持ちじゃない方からの
質問というところが・・・。

ご自分でお持ちだったら、このアラだらけのサイト
すぐに自作とわかるでしょうから(笑)

さくらは、家内制手工業、マニュファクチュアでございます(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。