Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「その話し方では軽すぎます!」 矢野香著 その2お友達の現役NHKアナウンサー
矢野香さんの本が出版されました。

「その話し方では軽すぎます!」
 
出版社: すばる舎; (2012/3/7) 1,470円

写真は長崎駅3階のメトロ書店の様子。

「その話し方では軽すぎます!」 矢野香著 その1矢野先生には、以前さくらで
「伝わる話し方講座」をしていただいたことがあります。

伝わる話し方講座レポ その1
伝わる話し方講座レポ その2
話し方講座の影響

その他、二回目クラスの報告などたくさんありますので
ブログ内検索で「話し方」で検索してみてくださいませ。

大反響で、もう一度!の声は多かったのですが
諸事情により、いまや幻の名講座となりました。

この本を出版されるまでの長い時間を想えば、
読む過程・時間を大事にしたい。
だから、本を開く前に感じてることを、綴り、遺します。

この本が出版されたと知った瞬間、
心に浮かんで叫んだ言葉は「おめでとう!」ではありませんでした。

ただただ「嬉しい!」でした。

嬉しい!嬉しいよー!とひとしきり叫んで
大騒ぎして、心の中で小躍りして、一人でマイムマイムも何周も踊ってやっと、

はた。。。と、「おめでとうって言ってない。。。」と気づいたのでした(笑)

そりゃいかん。と思ったけど、その瞬間。
私にとって香さんは
「おめでとう」ではなく「嬉しい」と思える人なんだと知りました。

「おめでとう」はお祝い。
「嬉しい」は、自分こと。

こんな時に真っ先に「おめでとう」を伝えたい相手は多くいると思うけど
自分が「嬉しい」と感じられる人は、何人いるだろう。

嬉しいと思える人がいるって、嬉しいことですね。

拝読して、興奮が冷めやらなかったので
ちょっと時間を置いてから、感想を書くことにしました。
スポンサーサイト
P1010263.jpg黙とうのその時間。

8月9日と同じように
長崎の港に、街に、サイレンが鳴り響いた。

そのサイレンの中、さまざまな鐘の音が重なる。

教会の鐘、和のお寺の鐘、中華のお寺の鐘、
大きく低い音、小さい高い音…

いろんな鐘の音が混ざり合い、長崎らしい哀悼の歌となる。

その長崎の歌だから心が澄んで、
哀悼の気持ちをみんなと共有できる気がする。

だから私は、この街・長崎が好きだ。

亡くなられた方、その方を大切に想われていた方へ
心から哀悼の意を、悲しみを抱きながら歩き続けてきた町・長崎から届けます。
2012.2.18久留米のホテルで懐紙♪>大学時代の友達の結婚式に、久留米に来ています。
式は明日ですが、すでにホテルにチェックイン♪

懐紙をほんの少しだけど、ちょいとしたお礼に、
「お客様へのメッセージや、
何をお渡しする時の台紙として使ってください」と
フロントのコンシェルジュお姉さんにお渡ししました。

というのも。。。

アストリア長崎名物トルコライスで有名だったアストリア。

長崎でトルコライスと言えばアストリアだよねって
「るるぶ」も、紹介していたのですが
昨年の5月…だったでしょうか、閉店しました。

そして、半年前、おじちゃんは亡くなりました。

アストリアのトルコライス我が家はアストリアのご一家とは、
家族ぐるみのお付き合いをさせていただいています。

私の中では、
他の店のトルコライスは、トルコライスではなくて…。

外食でトルコライスを食べることは、できなくなったなと感じています。

県外から来る友達のために探してはいるのだけれど
紹介できるレベルの店になかなか出逢えません。


さて。

今年の15日は、みよしに「アストリア」と書かれた船の一番後ろから
大好きだったおじちゃんのトルコライスを想い出しながら
おじちゃんの旅立ちを見送る列に並びます。


お葬式の時、新大工店が閉店する時にいただいた
アストリアの赤ちょうちんを精霊船に入れるなら持ってきますと話すと

「それはおばちゃんの時にしてや^^
 新大工は、おばちゃんの方が長かったからな。
 そんとき、さくらちゃんが入れて流してくれたらええ。」

おばちゃんの時まで、しっかり守らないといけないな。


さてさて、どんな精霊船なのでしょうか。

そもそもみよしには家の名前を書きますから
今回は「中村」のはずなのですが「アストリア」ですからね~

県外のアストリアファンの方も興味津津でしょうね^^

レポしますねん♪
2011年の春先。

長崎市内で新規開店するケーキショップの
オープニングスタッフへのラッピング講座に
お邪魔させていただきました。

そのお店がオープンするということでしたので
開店祝いをお持ちしようと、思案。

お花はたくさん届くだろうし
せっかくだから、お店に役立つものを!と考え

リボンの花束をお持ちしました^^

リボンの花束


もうすぐ母の日ですね。

みなさんは、どんな母の日を過ごされるのでしょうか。

ここ数年、私は親不孝な母の日なのですけれど
みんなの母の日が素敵になるといいなって思って
そのお手伝いができること、嬉しいです。

みなさま、素敵な母の日をお過ごしくださいませね^^
長崎浜屋さんでのクリスマスラッピングサービスも終わりました。

今年もたくさんのサンタさんを製造させていただきました。
今年も素敵な聖夜のお手伝いができたこと、本当に嬉しく感謝しています。

ラッピングした商品を見た時のお客様の表情。
それは、それをプレゼントした時のお相手の表情を想う故の笑顔。
その笑顔が私への贈り物になります。

毎年
「あぁ。やめられないなぁ。この仕事。」と思う瞬間です。

貴方にはサンタさんはきましたか?

うちには赤い鼻のトナカイならぬ、
赤帽トラックさんが来てくれましたが(笑)
この赤帽さんの力もあってのクリスマスイベント。
いつもいつも、心から感謝しています。

貴方にも素敵な聖夜が訪れますよう。

Merry Christmas!
今年は、お仕事との距離感を今までとは変えていった一年でした。

いえ、仕事もプライベートもボランティアも
今までと全く変わらず、せこせこと(笑)やっていたのですけれど。

どんなことも全て、私の場合はお仕事の彩に向かうのだけれど
本当の芳醇なお仕事への向き合い方っていうのかな?
そんなことを考え、教えられ、学ばされた一年でした。

人生の転機という言葉がよく使われますけれど
まさに今年はそんな一年でした。

新しい自分と出会い
それは、実は昔から存在した、かけがえのない自分で
かけがえのない自分を、認め、愛する心こそ
「貴方色を見つけたり、心を包んだり」できる心なのだと感じました。

私がしていることは、お仕事なんだけれど
心を輝かせ、彩をもたせる、ワークなのだと、実感します。


貴方色を見つけたり、心を包んだり


より私らしく、そして、あなたらしさを共に歩みながら考えられる私、
そして、「さくら」でありたいと願います。



もし、よかったら
一緒に寄り添い、考えさせて欲しいのです。
感じさせて欲しいのです。

貴方らしい色、こころ。
そして、それを表現する方法を。

一緒に考えましょう。
共に泣き、笑い、悩みながら。
わたくし、今、ダイエットしています。
それを逢う人逢う人に宣言しています。
いえ(^^;・・・・・・はた迷惑だろうとは思いますが、半分無理矢理に(笑)

それが大事なのだぁ♪

「次に逢う時は、私ってわかんないかもよ?」
なんて、豪語してまわっているのでございます。

どのくらいを目指しているかといいますと
ラッピングの先生と出逢ったあの頃、先生曰く
「今のさくらさんの半分くらいだった頃」位まで。

心と身体はリンクしています。
心と彩りもリンクしています。

ますます彩りが心に、そして身体中に
色鮮やかに、穏やかに、しなやかに
響き渡るようになるといいな。
そんなことを思っています。
今年もクリスマス準備の大詰め時期がやってまいりました。

今年もみんなが楽しい素敵なクリスマスになるよう、がんばるん♪

サンタ製造機、今年も発動しますです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。