Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そして中身そのものに想いがたくさん詰まっているという要素が強くあるので、
それを活かしつつ包んで、更にパワーアップさせるというのは、
なかなかに試練だと思います。

そして、いろんなグッズが必要。
市販商品は、案外そのグッズがすでに大方、入ってるんです。
例えば、ショートケーキは銀のシートの上に乗ってます。
その銀のシートから用意せねばならない。
グッズを揃える過程も、実はラッピングデザインの一つだったりするし。。。

でも、そんなこんなの「わ~!(^^; ぎゃぁぁ! どうしよう!」も
楽しかったりするんですけどね♪

とはいえ、ポイントは同じ。

ラッピングも含めたプレゼントができるようになるアドバイスも
これからは今まで以上に、
同じ立場でリアルに実践的にできるようになりました。
ポイントを掴んでしまえば、そう難しいことではないのですが。

グッズを揃えるアドバイスも、多大にできるでしょう。
お菓子も布モノも。

ただ…私の場合
いかんせん「中身」が「外」に負けてます(笑)

外見は、そりゃね(^^;
でも中身はまだまだまだまだ発展途上(笑)


何事も学びですね。

まさか「目指せ!自分でも食べられる甘くない手土産」作戦が
こんな学びを運んで来てくれるとは。

この世界はまだまだ新参。
もっとレベルアップしていきたいな^^

スポンサーサイト
チョコパイお土産工程 その1わたくし当然ながら、ラッピングはできるのですが、
ずっと「中身」が作れないので
なかなか、
誰にも手作り品をプレゼントができなかったんです。

売りものみたいな素敵な箱を作れるクラフト
「カルトナージュ」の松尾先生に
チョコパイお土産 その3バザーへの参加にお声をかけていただいても
「中身が作れないもんで。。。(^^;」と、
ごめんなさいしてて。

いつか「中身」が作れるようになりたいなと、
ずっと思っていました。

チョコパイお土産工程 その2そんなわけでやっと最近「中身」が
ちょいちょい作れるようになって
昨日、チョコパイ&ウィンナーパイを手土産に持参でき、
ちょっとバージョンアップできて、とっても嬉しいのです♪

で。。。今になってやっとわかるのですが。
ラッピングできると、手作りって本当に楽ですね。
チョコパイお土産 その4
「中身」…いわゆる手作りされる方から
「ラッピングを習いたい」と
本当によく言われてたんですけれど、

その気持ちが今ならよくわかります。

先週末のラッピング協会の
コーディネーター試験を受験された皆さん
お疲れ様でした!

私も当初は参る予定でしたが
私用でいけなくなってしまいました。。

昨日、受験された生徒さんがいらっしゃって
当日思わず失敗しちゃったお話とか
リアルな感想を聞けて盛り上がりました。

合格したとはいえ
いいえ、だから一層
ラッピングを極めたいという気持ちが更に深まったようでした。

実は宮崎の友達も偶然受ける予定で
他にも向こうで逢える筈だった生徒さんがいたりして
残念だったんですけれど。。。

緊張した中でも楽しい時間だったようで
なによりでした。

ラッピングの本当の楽しさは
空き箱ではなく、本当のプレゼントを
大切な人を思いながら包む瞬間にあります。

今回得た楽しさ・喜びを
本当のプレゼントを通じて広げていただけるといいな~と思います。
今日は、10月の25,26日にある
ラッピング協会のラッピングコーディネータ試験の対策講座。

実はまさに今、対策講座中だったりしますw

生徒さんに時間を計って、本番さながらに包んでいただいている最中。

あんまりまじまじと見ていたら緊張するだろうし。と思って
ブログを更新しています。

とはいえ、チェックは怠っておりませんぞ。
しっかり、きちんと、ばっちり、見てるからね♪

あぁ。。。そこが!
それを忘れてしまったのね。。。

なーんて思いながら、パソコンを見つめております。

助けて光線が飛んできますが
顔に手を当てて「ダメです♪こっちみちゃw」
なーんてスパルタしております。

さてさて。
もう一度復習をしないといけない課題が満載のようですね。。。

楽しく、厳しく、優しく参りましょうか。
福岡のSalon de Fairyさんでのラッピングレッスン
もう1年になります。

プリザーブドフラワーの講師のオーナーさんは講師資格を取得され
いよいよ、長崎・さくらでのレッスン開催の運びとなりました。

ティッシュBOXラッピング
ティッシュBOXラッピング
  ~リユースラッピングのすすめ~



  Salon de Fairy さんのブログはこちら

ここまで、ラッピングの基礎から
すでにデザインされている応用ラッピング、
ご自分でデザインされるラッピング
生徒さんに資格を取得させてあげられる対策講座の教育実習
その集大成がこの講座の日なんです^^

この講座のラッピングのデザインはもちろんですが
開催に際しての企画準備、プレスリリースなどのメディア情報を出したり
体験講座実践・開講までのノウハウを、熱く(笑)注ぎ込まれながら
頑張ってここまでやってこられました。

デザインもかわいくて、私の講座でご紹介しても大人気♪
(自分の体験講座よりもイチオシで紹介してしまう程です~)
私もすごく嬉しい!

定員4名となっています。
お早めにご連絡くださいね♪
記念日に先日ご依頼いただいたオーダーメイドラッピングです。
オーダーメイドラッピングは、毎回贈り主が心から想う
相手への優しさが伝わってくる物語が必ずあります。

今回は男性の学生さんからアルバイト先の
ショットバーのダンディなバーテンさんへの
誕生日プレゼントです。

まだ学生で若い彼。
きっとアルバイト先の上司「ダンディさん」に
いろいろとお世話になり、すごく大切にしていただいておられるのでしょう。
だからお誕生日に心を込めて贈りたい、
日頃の感謝の想いがたくさん詰まった大切なプレゼントなのだろう。。。
なんだかそれがじんじん伝わってきました。

その「ダンディさん」のことを話す時の彼は
「ダンディさん」を慕い、尊敬していることがすごく伝わってきて
あぁ、きっと「ダンディさん」にとって、彼はかわいくて仕方がない
時に暖かい言葉を、目を、心をかけたい弟分なんだろうなぁ。。。と
2人の素敵ないい関係が感じられました。

4月19・20日は、ラッピング協会の集中認定講座の日でした。
1.コーディネーターの集中講座と、試験
2.応用クラスの集中講座
3.指導者養成講座 がありました。

私の生徒さんからは、1.のコーディネーターと、3.の指導者を
受験された方がそれぞれおいででした。

今回、指導者養成クラスを受講された生徒さん。
ついにラッピング協会の認定講師として、同じ立場となりました!

また、コーディネーターの方は、筆記試験が100点が2人しかいないうちの一人に!
すごーい!
私の時なんて。。。。いやいや。(^^;

私は2.の応用クラスのアシスタントでした。
応用クラスは北九州の先生で、かわいらしい雰囲気の先生です。
私もお世話になっている九州電力のお仕事もされています。

昨年秋に1.の集中講座と試験を終えた方も多くご参加くださいまして
久々の再会と、先生のもたらす穏やかで優しい雰囲気のまま、講座は進んで行きました。

アシスタントとして動くと、とっても学ぶべきところは多く
ずっとお話してみたかった先生だったので、いろいろ親しくお話が出来、よかったです♪

手作りクッキー1生徒さんが手作りクッキーを
ラッピングして持ってきてくださいました。
彼女からはいつも、ラッピングの楽しさ、贈る喜び
そしてその素晴しさを体感しておられるのが伝わってきます。

ラッピングする楽しみを持つ側の立場に
ついつい立ってしまうのですけれど
それを受け取る幸せも得がたい喜びです。

手作りクッキー2こちらは、和風の包装紙にあわせて和風に仕上げたそうです。
和風に仕上げるための試行錯誤が見えて
これも嬉しくなりました。

二つのクッキーはこの手作り紙袋に入っていました。
市販品みたいな完成度の高い、しっかりした紙袋ですけれど
レッスンで大人気のショッピングバッグの作り方を
彼女らしくアレンジしてありました。

手作り紙袋後からよくよく見ると、作り方が違うところがあったりして
あはは~と苦笑い。

ラッピングは楽しむため、自分が嬉しいため
そして、相手が喜ぶためのもの。

見た瞬間に、包む間にどれ程自分の顔を
思い浮かべて包んでくださったのかが伝わるだけで十分嬉しい。
対策講座4月のある日、ラッピング協会の
ラッピングコーディネーター試験対策講座をしました。

改めて、試験に出る包み方を中心に学びなおし
確認が必要な包み方も再認識されたようです。

講師養成クラスを受講される方も一緒に
講師としての実習の時間となりました。

同じ包み方でも、講師が違えば、印象も大きく変わります。
いろんな講師の方から学ぶことは、生徒さんにとって大切な宝です。

講師さんは、ご自分にとって自然に出てくる言葉で伝えるのが一番。
自分らしい言葉で伸び伸びとお話したら、自然と楽しさも伝わると思います。

コーディネーター試験は、どうしても「試験」ですから緊張してしまうものです。
緊張しないためのいろんな裏技や、実技がスムーズにできるコツなどもお話しました。

当日は私も会場に参り、終日おります。
緊張感の中にも楽しく過ごしていただきたいものです^^
旅立つ大切なお友達やお世話になった方に贈り物をする時期です。
また、新しい出会いのご挨拶の贈り物をする時でもあります。

お店で包装をお願いしてもいいのですけれど
ご自分で思いを込めてラッピングするのも、真心が伝わっていいですよね^^

何色のラッピングにするかは、やっぱり、お相手の好きな色が一番ですけれど
それが何色か判らない時がありますね。

ラッピングでよく選ばれる色は、赤いリボンやピンクの包装紙などですが
黄色黄緑の菜の花配色は如何でしょう?
案外、ショップのサービスラッピングにはない色ですし
この時期、心地よい色です^^

新鮮でフレッシュな印象を、新芽を表す黄緑色がもたらしますし
希望の光色である黄色も、新しい門出や出会いに可能性を感じさせてくれます。

また、この二色配色は、ラッピングにおいては性別を比較的問いません。

女性への贈り物なら、リボンの真ん中にお花をさしてもいいですね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。