Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いただきものの手作りマリメッコ風呂敷風呂敷がなんだかうまいこと使いこなせないって
そのまま放っておいたりしちゃってませんか?

うまく結べない。
不格好になっちゃう。
かわいくない!!

そんな悩みは、ひょっとしたら、これで解決するかも?
スポンサーサイト
意外と見落としがちですが、風呂敷の厚さも大切です。

どんなに大きい風呂敷でも、厚みがある素材だと
実際入る大きさはかなり小さくなってしまいます。
結び目ばかりがおデブちゃんになってしまい
入る容量を制限してしまうからです。

これは硬い素材でも同じことがいえます。
やっぱりしなやかさが必要です。

リバーシブルの風呂敷を作ろうとして
綿を袋綴じしても、分厚くなってしまい
使用に耐えないものになる可能性があります。

生徒さんが以前、薄いスカートの裏地を
2枚あわせで風呂敷を作ってきてくれたことがありますが
この厚さが2枚あわせのギリギリかなぁ~と思いました。
しなやかで使いやすい風呂敷でした^^

やはりリバーシブルにするならば
1枚で、表と裏の色が違う布がいいようです。
ガーゼなどならいいのかもしれませんが^^
講座でよくある質問が、大きさへの質問です。

私たちが普段持つハンドバッグ程度の容量や、エコバッグとして使うならば
105cm以上、つまり三巾(みはば)が適しています。

最近よく発売されているエコバッグ的風呂敷は
90cm、つまり二四巾(にしいはば)のものがおおいですけれど
それだと、コンビニでお買い物程度の大きさ。
普段使いのハンドバッグだと、やや小さめのバッグになります。
正直、バッグとしては使えない大きさで、「とりあえず」な大きさなんですね。

スカーフにしても90cm以上が標準サイズなのですけれど
一般的には「大判」と呼びますし
風呂敷も1m以上を「大風呂敷」と呼ぶ方は多いのですが
実際のところは、それが結び、包むとしたらスタンダードな大きさといえます。

こればかりは、実際使ってみないと実感していただけないかなぁとは思いますが
一枚は大きなものをお持ちいただければ
随分とライフスタイルが楽ちん♪になるのを感じていただけるのではないかと思います。
最近はいろんな素材で風呂敷を作ってありますね。
どんどんいろんな柄の風呂敷が出て、おしゃれなものが増えるといいですね♪

綿はざぶざぶ洗え、結び目をしっかりと締め付け強いですが
ほどきにくくなり、しなやかさに欠けますので
ふんわりとしたギャザーをつくる包み方の時は
多くの容量を要し、かつ、思うほどふんわりなりません。

しかし、パリッとした雰囲気と、しっかり感は無敵です。
上質な綿は洗濯してもノーアイロンで使えて便利です。

絹、つまり正絹、シルクのものは、高価ですが
しなやかだし、使いやすいですね。

レーヨン・ポリエステルといった合成繊維は
しなやかなものが多くふんわりギャザーを寄せると、ふんわりして綺麗です。

レーヨン風呂敷は、ちりめん風のものが多く
正絹の代わりとして使うことができますが
水洗いすると、縮んでかなり小さくなってしまいます。
アイロンを伸ばしながらかければ伸びますが
面倒といえば面倒かも。。。

ポリエステル風呂敷は、水洗いOK!
ざぶざぶ洗えるので、練習・普段使い用にはおすすめ。
ただし、毛玉みたいなのが出来て、ほつれてきますから
まさに消耗品的に使用が可能。

いろんな素材の使い分けが、フロシキスタイルの幅を広げます。
いろんな風呂敷にチャレンジしてみてくださいね~♪
はじめて風呂敷を買われる方は、柄が好きなものをまず買われるでしょうけれど
二枚目にはリバーシブルの風呂敷を買われてみては?

それも、表面も裏面も好きで、どっちも表にしていいものをお奨めします。
(これが、なかなかないんですけれども、粘り強く探しましょう^^)

リバーシブルといっても、片面だけが好きなものだと
結局リバーシブルの効果が半減してしまうからです。

リバーシブルって、どっちも表だから、一粒で二度おいしい。。。じゃないけれど
一枚で二枚分、いえ、三枚分の効果があるからいいんですもの^^

よく見る風呂敷包みでも、リバーシブル風呂敷だとアレンジが利くことが多く
見た目も同じ包み方に見えないことも多いのです。

個々で注意しないといけないのは、リバーシブルだからといって
厚手になっているものは選ばないようにした方がいいかと思います。
例えば2枚を縫い合わせてリバーシブルにしていて厚手なものは
結び目が大きくなり、実際の大きさよりも、小さい面しか利用できなくなってしまいます。

最近は、おしゃれなリバーシブル風呂敷でも、安価なものが増えてきました。
薄手で強い素材を探せば、以前より見つけやすくなっています。

できれば、実物を手で触ってから、厚さ・素材を確認しての購入をお奨めします。
風呂敷の柄も重要なポイントです。
単純に好きな柄を買っても、それが活かせないことは多いんです。

左右、上下の端の色が違うと
いろんなニュアンスをもたらしてくれます。

柄の中心部分になるのは、中央外周10センチぐらいのところの幅10センチくらいの円。
見落としがちなところですけれど、チェックしてくださいね。

端のところも重要で、端に近いところに模様があると
ワンポイントになります。

総柄のものは、広げて見て素敵な柄でも
結ぶと???ということがありますので
デパートで選ぶ時は、広げて見た後、軽く結んでみて
柄の出方を見てから選びましょう。

風呂敷の大きさと、柄の大きさのバランスも大切です。
結んだ時にちょうどいい大きさがあります。

高い風呂敷を買う時は、同じ大きさの風呂敷でいろんなものを結んでみて
ちょうどいい模様の大きさを把握した後で
買おうと思う風呂敷をもう一度見直したほうがいいでしょう。

包み方次第で、柄の出方は異なります。
いつも同じ包み方をするならば、その包み方限定で探すのもひとつの手ですね。
風呂敷は好きなものがなければ作ってもいいですよね♪
要は正方形に縫えばよいわけです。
(細かく言うと、1辺を他辺より2~3センチ大きくすると本物に近い)

ただ、作るにしても、買うにしてもポイントがあります。
スカーフと同じ基準で選ぶと、風呂敷の魅力が活かせないかも。。。

風呂敷の場合、天地がスカーフと異なります。
スカーフはロゴから見て、上が天で、下が地です。
もちろん、幾何学模様や天地なしのものもありますが。

風呂敷は中央が地、天は外周になります。
だから、上が天、下が地のものを選ぶと
結んだ時に模様や柄が逆さまになったりしますので注意。
天地があるプリント柄の生地は不向きです。
幾何学模様など、天地上下左右がないものは、問題なし。

しかし、端のところは今度は逆になり
先端が地、中央に向って天になりますから
難しいですね。。。
3月2日、長崎市主催の環境シンポジウムがありました。
今回のシンポジウムの全体テーマは「減らそう!レジ袋」
私は風呂敷を使っての講演と、風呂敷作品の展示で参加しました。

控え室で私より先に講演された方が
いつもより観客がかなり少なかったと、言われていましたが
実際は100人くらいだったようです。

広い会場での風呂敷実演でしたので
市の職員さん3人にご協力いただき、直前レッスン。
自分が結ぶのと、人に伝えるために結ぶのでは動きが違います。
慣れない手の動きに戸惑いながらも、皆さん熱心に取り組んでくださいました。

この方達には風呂敷包みの普段使いのモデルさんとして
ステージ上にあがっていただきました。

自分で作った風呂敷や、市販のものでもおしゃれな風呂敷を選んだり
ハンカチなどを使うことで、これだけ普通におしゃれに見えるというモデルさん役です。

その後、一番レジ袋をもらうであろう、
夕食の買い物、お昼のランチの時に使える包み方を一緒にしながら
本物のスーパーのかごを使ってデモンストレーションしました。

講演と実技が始まり、風呂敷をお持ちではない方に
市の職員さんがハンカチや風呂敷を貸出されました。

ふと一番ステージに近い席を見ると、市の助役さん?なのでしょうか
役職の高そうなご年配のスーツの紳士が10人ほどおられました。
なんと、その年配の紳士達もご自分のハンカチを出して、一緒にチャレンジ!

風呂敷の楽しさの伝染力ってすごいなぁ・・・

講演&実演終了後、会場外の展示スペースで質問タイムを設けていました。
京都の大通りから1本入ったところにひっそり佇む風呂敷やさん
京都・掛札
さんの新作が発表されていることを発見。

7月に大阪に行った時
、足を伸ばして訪ねた折りに
10月に新作が出来る事を教えていただいていました。
楽しみにして待っていた方も多いのでは?

新作は、3代目からの直接流出(笑)情報の通り
クールで、おしゃれ!
男性にも気軽に贈れるデザインになっています。

また買う楽しみと、選ぶ苦しみが同時に参りました。。。

現在掛札さんは改装中なのですが
25日の新装開店の時にお買い上げされた方200名様に
オリジナル手ぬぐいをプレゼントしちゃうんだそうです。

近くじゃないことが、これほどまで、ぐやじぃ~とは。。。
んぐぅぅぅ・・・

お近くの方、いつか行こうと思っておられた方は
この機会を逃すテはございません。

いくべし!でございます^^
京都に行って、掛札さんを訪ねない。なんてこと私には出来ません。
ふろしき研究会の講座が終わってから、いそいそと四条堀川の掛札さんに参りました。

ナチュラルローソン蒸し風呂の京都をひた歩き、
途中でナチュラルローソンなるものを発見して
思わず写真撮影しつつ(笑)

都会じゃ、ナチュラルローソンは普通なのかな…
そんな田舎者のひがみを抱きつつ
カフェコーナーもある、真っ白でおしゃれなローソンに
ただ入って、出ました(笑)
絵に描いたおのぼりさんですね~

掛札さんにはお客様がたくさんおいででした。
接客中の奥様は、3代目を奥からおよびくださいました。

私のブログを読んだり、サイトのトップ写真からだったり
さくらのいろんなところから掛札さんの風呂敷を知り
御注文してくださった方が数人おいでだったそうです。

10月発売予定の新作のお話や
風呂敷の提案、販売のこと、大きさのこと
私が最近2代目コミュ主となったmixiの掛札さんコミュのことなど
いろんなお話をしました。

風呂敷の使い方のご提案は、いつもとても参考になります。
いろんな使い方があるのですが、やはり掛札さん御提案の使い方は
スタイリッシュなんです。
今後の講座で、このお話を参考に
使い方の幅を広げてお伝えしていこうと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。