Sakura Blog

あなた色を見つけたり、心を包んだり。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2012.3.24大浦13番館デイサービス3私たち世代でもそうなのですが、
この日も今日のお洋服の色を塗られる方が
多くおられました。
真紫のジャケットのご婦人は
多くの方が波に見えるであろう部分を
紫に塗られていました。

「今日着ておられるお洋服の色を塗られる方も多いのですよ」
「あ、本当だ。○○さんも、○○さんも…」
「でしょう^^」
ジャイアンツみたいなジャージを来ておられる男性。
黒の中にわずかにオレンジのライナーがアクセントのジャージです。
そして、その方が塗られた絵も、黒の中に、一筋のオレンジがふたつ。
「すごいですね」と、他の方も見て回っておられました。

先ほどのご婦人に、私は紫の波を指差して尋ねました。
「これ、なんでしょうかねぇ」
「これ?鯉のぼりよ」

スタッフさんに
「紫の鯉のぼり。。。って、あまり目にしないですよね。
 あれが鯉のぼりに見える方はおられますけれど、
 紫となれば、何かあるのかもしれませんね。意味が。」
と、お話すると
「あぁ。。。わかる気がします。」

普段、その方の生活やご家族などの背景、
個性をご存知のスタッフさんだから
何かしらの気づきがあるのかもしれません。

その気づきが正しいかどうかは、
利用者さまご本人にしかわからないけれど
だけど、ひょっとして、
言葉にならない何かにスタッフさんが気づけるヒントになるかもしれない。

言葉が思惑と違っていくことも多い利用者様たちであれば尚
ヒントは多い方が、
よりよい自立支援のための介護に結びついていくのではないでしょうか。
まずは寄り添い、感じておられることを感じることから始まる。

色ってすごい力があるなと実感しました。
そして、それをスタッフさんも感じ入って下さっているのが、伝わって来ました。
スポンサーサイト
2012.3.24大浦13番館デイサービス4セラピーの前は、お約束の「むすんでひらいて」。

そうそう!
今回、わたくし、インカムデビューしました♪
いつものように、楽しく「むすんでひらいて」で
手と心をウォームアップしたのち、色塗り開始。

どちらのスタッフさんも、最初は同じなのですが
どうしたらいいのかわからない感じでした。

利用者さんから「これはなに?」と聞かれる私が
「何に見えますか?」と、尋ねるのを聞くと
スタッフさんも少し安心されたようで、
同じように質問をされていました。

「私には花に見えるわ。」
「あぁ~ 花ですね~ なるほど!どんな色の花でしょう。」
「ん~ 赤やね」
「では、赤いクレヨンで塗ってみましょうか^^
赤いクレヨンって、どれでしょうね?」

2012.3.24大浦13番館デイサービス2「どんなふうに塗ってもいい」こと
「敢えて綺麗に塗れないようになっている」こと
それをお話したら、スタッフの方も気楽になったよう。

「どんがん塗ってもよかそうです~。
 どんがん塗りましょうか?」
(どんな風に塗ってもいいそうです。どう塗りましょうか)
2012.3.24大浦13番館デイサービス63月24日、大浦十三番館デイサービスさん
カラーセラピーでボランティアで行って参りました。
ご参加いただいたのは、20人程の方でした。

この日の活動は新しい喜びがありました。

今回はスタッフの方に
なんらかの働きかけができたのではないかと感じ
それがとてもうれしかったです。

そのため、今回はスタッフの方とのお話を中心に
ご報告したいと思います。

開始前の時間の打ち合わせでは
初めての経験である「カラーセラピー」について
とても熱心に質問されていました。

私はこちらのスタッフさんの
ボランティア、レクレーションへの活動の意欲は
素晴らしいと驚きました。

真剣にこの活動を活かし、利用者さまに還元し
さらによりよい介護活動のひとつとされようという姿勢が
熱く伝わってきました。

2012.3.24大浦13番館デイサービス1その中であったお話が大変興味深かったです。
ある認知症の方の色との関わりから実際おこった
認知症の緩和のお話です。

利用されだした時は、その進行が深かったそう。
色鉛筆を握れない状態とはいえ、
塗り絵を少しずつされていたそうです。
「夏の思い出」というテーマの絵にぬり絵をしていただきました。
塗られる脇に座って、お話を伺いました。

いつものように、お一人お一人に少しずつだけど
できるだけ全員とお話するようにしていきます。

2012.3.19 桜馬場F-Stage その4久留米がご出身の方は、筑後川での思い出を話されました。

お母さんに怒られながらも、どうしても泳ぎに行きた
雨が降って増水して危ない川に
死ぬかもしれない…と思いながらも、入って泳いで遊んだそう(笑)

「そこまでお好きでしたか(^^;」
「そうなのよ~おかしいわよね~」
「でも、わかります~」

きゃっきゃっきゃ(笑)と、二人で女の子に戻って大笑い。

静かに塗られていた方の隣に座ると
「こういうの、久しぶりで楽しいね~
 私は子どもがいないから、クレヨンなんて、
 本当に初めて使うの。」
そんなお話を伺いながら、ゆっくりと時間が過ぎていきます。

2012.3.19 桜馬場F-Stage その8向こうの方では、
「好きな色はどれですか?」と問いながらクレヨンを選び
代わりに塗って差し上げたり。

「このが好きなんですね~」なんてお話をされています。
色は新しい一面を知るきっかけにもなりますね^^

みんながそれぞれに、色を楽しみ、味わい
そしてご自分の思い出の色を感じておられました。


2012.3.19 桜馬場F-Stage その2私たち世代は、カラーとなれば女性の物と思いがちです。
そして、男性は敬遠しがちな印象があります。

でも、数回行ったカラーセラピーの体験では
年配の男性の方の絵は、とてもチャーミングでかわいい。

それも、楽しそうに。
そして、自由に、思うままに。

ずっと抑えてきた、そういう色との関わりや、色塗りなどが
歳を重ねられて、一気に噴き出すのかもしれないと感じます。


そして、唯一の男性の方が描かれてるのが、こちら。
2012.3.19 桜馬場F-Stage その5やがて開始の時間が来て、自己紹介。
なんだか今日は
うまく自己紹介できなかった気がします。。。

現実的には3ヵ月ぶりのボランティアで、
緊張してたのかもしれません。
反省。

そして風呂敷の時に、ウォームアップで好評だった
「むすんでひらいて」を唄いながら、手の運動をすることに。

クレヨンを握り続け、小一時間塗ると手が疲れることを知っていましたが
以前は、それをどうしたらいいのか、わからなかったのです。

でも、介護職員基礎研修での実習でレクレーションの体験をして
また、風呂敷の時の体験から、こういう活動を取り入れる大切さを痛感。
ちょっとずつパワーアップしております^^

「これから、手の運動を兼ねて『むすんでひらいて』を唄いながらやります」

というやいなや。

「む~すんで、ひ~ら~いいて♪」

と、手を広げながら歌い出す方が(笑)

2012.3.19 桜馬場F-Stage その1一緒に合わせて、手を広げ、歌うと
つられて隣の方、前の席の方も一緒に手拍子をされます。

今日は、私をリードして下さる方が多い^^

みなさんの心を温めるべき私なのに
逆に私のテンションをあげていただいて。
ありがたいことです。

2012.3.19 桜馬場F-Stage その72月のボランティア活動が、風邪引きさんにより
一週間ずれて3月3日の雛祭りの日になりました。

昨年11月に2回活動したので、今年の活動は2月から。
というわけで、今年最初のボランティア活動の日が
女の子の日♪

今日は私の母校、桜馬場中学校の前にある
F-Stageさんの、デイサービスにお邪魔しました。

2012.3.19 桜馬場F-Stage その9こちらは煉瓦、ドアの外観同様
施設というより、大きな個人宅といった
アットホームな雰囲気でした^^

ご参加されたのは14人。
うち、紅一点ならぬ、男性お一人でした。

今年からボランティアはカラーセラピー限定。
その初回から楽しいアクシデント続出!
やっぱり、楽しいね。ボランティアって。

レクレーションの時間よりもずいぶん早くついてしまいました。
その間、レクレーション会場で、利用者様のご到着を
到着されている方とお話したり、お茶をお出ししながら
お待ちしていました。

2012.3.19 桜馬場F-Stage その6その際、今日は色塗りをするのです~とお話をしたら
ある女性がカレンダーを指差して
「あなたはあの絵の車がどこに行くかわかる?」と問われます。

お。
いきなりきたかぁ~!と思って、その絵を見ると…

車はない(^^;

むふふ。
ここで、だからこそのカラーセラピーなのだ。

やる気、みなぎってきた^^
さて。
今回の長崎ケアハートガーデン グループホーム小ヶ倉さんは
小規模多機能型居宅介護施設と併設しています。

「小規模多機能型居宅介護施設」というのは
簡単に言えば、
ご年配の方専用のおうちとホテルと遊び場が
一緒になってる感じです。

小規模多機能施設は出来だしてから新しいので
なかなか入る機会がまだまだ少ない。

丁寧で優しい施設長さんに、お仲間さんと二人で甘えて
施設内を見学させていただきました。

ずうずうしいこんなお願いができたのも
こちらの施設長さんが活動前に
施設内案内を率先してしてくださったから。

多くの施設にお邪魔して下さいましたが
自ら進んで館内案内をしてくださったのはこちらが初めてでした。

いずれは私の両親も利用させていただくかもしれないし
なにより、私自身もその対象者にいずれなります。

こちらは家庭的な、広めのアットホームな、ビジネスホテルって感じかなぁ。
複数の家族が泊まるコテージホテルをイメージされてもいいかもしれません。
みんなで一緒に遊べるカルチャーセンターつき。
それに24時間体制で見守るスタッフさんがおられる感じですね^^

ボランティアでお邪魔させていただいた上に
貴重ないい体験をさせていただけて、本当にありがたかったです。

介護の施設っていろいろあって、
長々とした漢字の羅列の名前も多いし
なんだか違いがわかりにくいですよね~

今後、私が体感した中で、わかる部分については
私が感じた言葉で、伝えていこうと思ってます^^
2011.11ハートガーデン小が倉 その22011年11月19日、今月二度目のボランティアに行ってまいりました。

長崎ケアハートガーデン グループホーム小ヶ倉さんです。
今回もご一緒にお仲間さんも一人^^

グループホームというのは、
認知症の方が入れるおうちみたいな施設。
9人までの少人数制なので、
いわゆる病院的な施設ではなく、アットホームな印象です。

2011.11ハートガーデン小が倉 その7隣接する民家と同じ、民家の形の建物。
ふたつのグループホームが1階と2階にあり
両方の利用者さんが15人程おいでくださいました。

前回好評だった「むすんでひらいて」を歌ってスタート。
この時はとても喜ばれたので、二度も歌いました♪
私も「むすんでひらいて」に慣れてきて、あげあげでした!

2011.11ハートガーデン小が倉 その1ボランティアの時いつも私は
一番手が遅い方に合わせて進めていきます。
早く手が動かれる方には、お話をしたり
もう一枚の風呂敷をご用意したりしています。

他の方を待っていただいているうちに
風呂敷との思い出話をしていただくのも
目的のひとつでもあります。

2011.11ハートガーデン小が倉 その5この日もそうしていたのですが
次々にマスターされる方が
「ほい!次はどんがんすっとね!(次はどうするの?)」と
声をかけられます。

通常は合計二度同じ作業をしていただき
その上で、ウエストポーチの
2011.11ハートガーデン小が倉 その4デモンストレーションを見ていただくのですが
このときはその時間もなかったほどに
ゆっくりペースでした。

そのためか
「もうちょっとお待ちくださいね」と言っても
楽しく次を知りたいお気持ちは、
2011.11ハートガーデン小が倉 その9どうにも抑えがたいようで(笑)

やはり人はみな、知的好奇心がくすぐられると
それを抑えるのは大変なのだなぁと感じさせられました。

ゆっくりペースの利用者さんに
少し遅れながら説明されるスタッフさんのお話が
2011.11ハートガーデン小が倉 その3私の説明とはちょっと違っていて
「ありゃぁ~~」と笑いが出たり。

ゆくり・とろりと、グループホームの時間は流れていきます。

最後は大慌てでリュックサックを作りました。
あまりにも簡単にリュックができることに大盛り上がり!
2011.11ハートガーデン小が倉 その6
風呂敷は思い出も甦ってくるし
お友達との会話も弾み、楽しい時間を作ってくれます。
簡単な結ぶ作業だけでバッグになったり、
いろんなものができるのですから
こんな風に知的好奇心を刺激されるのは当然。

たくさん手をむすんでひらいて
考え、手を動かし、脳の活性も呼び起こして・・・。

終わるごろのおやつタイムには、
程よい疲れがお菓子をおいしくさせてくれたみたい♪


ボラ友の輪23月17日、ボラ友の輪に参加してきました。

ボランティア活動を始めて足掛け6年目にして
はじめて他の方とのボランティアの交歓をしました。

今までは基本一人での活動。
これでいいのかなぁと不安もありながらでしたので
諸先輩方のお話を聞いたりして
いろいろと学びたいという気持ちからでした。

ボラ友の輪1写真に全体は写っていませんが、
参加者は全部で40人位かな?

活動報告をお話や、ダンスなどの実践で体験し
その後グループに別れ、入り乱れながらの
活動報告会というプログラム。

まだ活動していない人も、20年されている方も
一緒にそれぞれの立場から気軽に発言できる雰囲気でした。

2011.11.5出島デイ12011年11月5日、ちょいとしたご縁のあった、
出島デイサービスさんに
お礼を兼ねたボランティア活動に参りました。

今までで一番多いご利用者さんだったかもしれません。
35人の利用者さんと、スタッフの方は5人ほど。
今回はお仲間さんをお一人連れ立っての活動でした。

今回初めて、風呂敷を触っていただく前に
歌を歌っていただくことにチャレンジ。

歌はもちろん・・・

「むすんで ひらいて」です(笑)

実は以前長崎県美術館であった「大風呂敷展」で購入した
一見真っ黒のデザイナーズ風呂敷に
点字のフロッキー印刷?してあった歌が
「むすんでひらいて」でした。

風呂敷に、目が不自由な方にもわかるように
突出している点字の文字で表記された歌詞。

「むすんでひらいて」とは。。。
ううむ。
確かに、むすんでひらくなぁ。
なんとも素敵だわぁと印象的でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。